プロフィール

竹波エーイチ

Author:竹波エーイチ
1967年生まれのおっさん。
一つの 「カテゴリ」 で一つの記事となってます(記事は古い順に並んでます)。同世代のおっさん向け。

カテゴリ
もくじ

全ての記事タイトルを表示する

月別アーカイブ
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

主要記事
リンク
応援中
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
趣味 - シュミラン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の谷のナウシカ(1) 宮崎駿と左翼思想

nausicaa

コミック版『風の谷のナウシカ』は、ナウシカがシュワの墓所を破壊するところで幕を閉じる。
あそこで壊されたものはいったい何だったのか・・・。

えー今さらナウシカかよ!と言われそうなのでスピード重視で話を進めれば、それは要するに「左翼思想の理想」のようなもんで、それを宮崎駿が破壊したのがあのラスト・・・かも知れないねーというのが今回の記事。

たしかに自分でも今さら目新しさのない話題だと思うわけだが、簡単に陳腐化させるべきではないし、折にふれて語られる意義がある話題だと思うので、あえて記してみたい。

※むかし読んだけど忘れちゃったよーという方は、こちらのサイトが大変よくまとまっていてお勧めできる。
ナウシカの深層

さて、一口に左翼というが、宮崎駿の場合は「心情的左翼」だとご本人が述べている。
左翼的な運動や活動をするわけじゃないが、心の底でその価値を信じて応援している・・・団塊世代以上に珍しくない、ありきたりのメンタリティーだろう。『風が帰る場所』という本の1990年11月のインタビューの中で、聞き手の渋谷陽一に「宮崎さんにとってはやっぱり左翼的な理想主義みたいなものは、いまだに非常に重要な要素を持ってますか」と問われ、

僕はコミュニズムが掲げた理想というのは、やっぱり現実の社会主義が上手くいってなくても、要するに人間はより高くありたいとかより高貴でありたいっていう、人から屈辱を受けたくないとか、そういうことでね、その価値は少しも消えてないと思うんです!


と答えている。コミュニズムの掲げた理想の価値は少しも消えていない、という主張だ。
ところがその後の92年のインタビューではこんな発言(『時代の風音』)。

自分自身がものを考えるようになったときに、左翼になろうかと心情的に思いました。実際は『資本論』も読めなかった人間ですが。いまでもちょっとそうです。
 伝統的なものすべてが戦争に日本人を運びこんだ犯人であって、それを「古い上着よさようなら」と脱ぐしかないんだと。だから礼儀作法も敬語もあえて覚えない。そうするしか、残念ながら自分を確認するよりどころが見つからなかったんです。


「いまでもちょっと」・・・かなりのトーンダウンだ。ちなみに90年というと『ナウシカ』本篇では5巻の後半あたりを描いている時期で、92年だと『ナウシカ』を6巻まで描き上げて中断中、『紅の豚』を制作している時期にあたる。
そしてついに最終回まで完結させた暁にはこんな発言だ。

「ナウシカ」を終わらせようという時期に、ある人間にとっては転向と見えるのじゃないかというような考え方を僕はしました。マルクス主義ははっきり捨てましたからね。捨てざるをえなかったというか、これは間違いだ、唯物史観も間違いだ、それでものを見ていてはいけないというふうに決めましたから、これはちょっとしんどいんです。前のままの方が楽だって、今でも時々思います。
(「よむ」岩波書店 1994年6月号)


ぼくらオッサン連中はテレビでリアルタイムで見たので説明不要だが、若い人向けに一応書いておくと、89年ぐらいから「東側」とか「共産圏」とかいわれた世界が次々と崩壊していったわけです。中共の天安門事件とか東欧革命とかベルリンの壁崩壊とかソ連解体とか・・・。

上掲の発言を時系列順にみれば、宮崎駿が左翼への心情的共感を、徐々に失っていった過程がよく分かると思う。そして宮崎は「転向」した。

92年に公開された『紅の豚』は、要するに「アカの俺」を意味しているらしく、「『おれは最後の赤になるぞ』っていう感じで、一匹だけで飛んでる豚になっちゃった(笑)」と宮崎は笑うものの、まさにこの期間に「転向」が行われた。『ナウシカ』でいえば、6巻と7巻の間には22ヶ月ものブランクがあるが、その期間だ。

・・・むむむ、22ヶ月のブランクの中での「転向」。
するとここには、一つの疑問の源泉があるような気がする。
それはつまり、6巻までの『ナウシカ』と7巻の『ナウシカ』は、別の思想で描かれた別の物語なんじゃないか、ってことだ。

実際、『ナウシカ』のラストについて宮崎駿は特にこれといったアイデアを持たず、いい意味で行き当たりばったりだったらしい。

しかし、連載のほうで映画と同じ力が発揮できるかなあ(笑)。なにしろ、膨大なストーリーでね。これから土鬼の国をさんざん歩きまわって、僧院の奥深くに入りこんで、神聖皇帝は出るし。次にトルメキアへ行って、滅亡に瀕している老大国の中の権力争いにまきこまれて、それで生きながらえて、風の谷に帰ってくるんだけど・・・・・・帰って来れるんですかね!?(笑)
(ロマンアルバム「風の谷のナウシカ」徳間書店 1984年)


これは劇場版『風の谷のナウシカ』制作のすぐ後のインタビュー。

 実は『豚』の制作直後すなわち『ナウシカ』連載再開の直前に行われたインタビューには「ナウシカが沢山子どもを産もうと決心する。そういう終わり方ができたらいいなぁと考えています」「ナウシカに『お前、子ども産めよ』っていう人がいてね、『うん』と答えるところで終わりたいと思ってるんです」という発言が見られる。
(「ぴあ」関東版92年7月23日号と、「MANBOW」92年9月号より)


これは『宮崎駿の仕事』(久美薫)から引用。

 自分で書いていて気がついたのですが、ナウシカの役割は、実際にリーダーになっていくとか、人々を導くとか、そういうものではない。代表して物事を見つめ続けるという、一種巫女みたいな役割なんです。
 そしてナウシカを信頼する人間たちが、実際の事を動かしていくというような構造でしたから、普通の物語の組み立てからいうと、筋になってない。そういうことも悩みはしました。
(「よむ」岩波書店 1994年6月)


これは連載終了直後のインタビュー。直接ストーリーを語っているわけではないが、非常に興味深い発言だと思うので引用。以下も引用。

「青き清浄の地」というのは突然浮かんできたからそのまま使ってしまった言葉にすぎないんです。
(中略)
僕は初めから「青き清浄の地」に赴こうと思ってやっていたわけではないんです。何かそういう所があるんだ。「障気」(ママ)というものに脅かされずに生きる場所があるんだというふうな願いを込めた言葉が「青き清浄の地」に行くという意味なんだろうというぐらいで始めたんです。
(『ナウシカ解読』1996年)

渋谷 もっとヨーロッパ的な世界観で終わるはずでしたよね
宮崎 ええ、そうです。たぶんそういうふうになるはずでした。むしろもっとごまかしてね、例えば『2001年宇宙の旅』とか『AKIRA』の最後みたいになんか訳のわかんないとこに行ってね、その後作品が作れなくなるっていう(笑)、そういうことになりかねないっていうね」
(『風の帰る場所』 2001年のインタビュー)

これで最後ファンタジーに逃げるんだったら、王蟲が一斉に成虫に変わってね、宇宙に向かって飛び立つところを呆然と見送ってね、終わらしちゃうんですけど、それは手塚さんの『来るべき世界』の終わり方と同じですからね(笑)。だから、そういうふうにしてこうハシゴ外しちゃうこともできるんでしょうけど、それは絶対にしたくないって」
(『風の帰る場所』2001年のインタビュー)



引用ばかりで長くなったので一旦まとめると、要点はふたつ。
第一が、宮崎駿は『ナウシカ』の6巻と7巻の間に思想転向した(心情左翼をやめた)。
第二が、コミック版『ナウシカ』はゴールを定めずに描かれ、実際に描かれたエンディングにも宮崎はこだわりを持っていなかった(っぽい)。

ならば、こういう考えが頭をよぎっても、それは有りじゃなかろうか。
すなわち、もしかしたら『ナウシカ』には「まぼろしの7巻」が存在したのかも知れない、と・・・。

長いので続く
スポンサーサイト

風の谷のナウシカ(2) もう一つのラスト(想像)

王蟲

前回のつづき。

名著『宮崎駿の仕事』(久美薫/鳥影社)によると、コミック版『風の谷のナウシカ』について「完結後のインタビューのなかで、全体の構想は実はなくて、締め切りに追われながら物語を探っていたことを作者は語っている」とのことだ。つまりは、決定済みの終わらせ方は、もともと存在していなかったということだ。

しかし、例え行き当たりばったりに近くても、いわゆる「伏線」を張りまくってしまうのが天才の性というものか。
『風の帰る場所』(宮崎駿/rockin'on)には本人のこんな談話がある。

象徴的な話で、実は映画の『ナウシカ』が終わった直後にナウシカのカレンダーを描けって言われたんですよ。(略)それでいい加減に描いたんですよね。今まであったとこ描くの嫌だから、勝手にこう、こんなとこがあんのかなって、これからのとこ描いたんです。でも、振り返ってみれば、結局そこで描いたものが本当に実現してるんですよね(笑)。ボロボロになった巨神兵の肩にナウシカが乗っかってる絵とか、それから敵である人間たちの中にナウシカがいる絵とかね。


『ナウシカ解読』(稲葉振一郎/窓社)のインタビューでは、7巻の「庭」について。

何の気なしに描いてしまったひとコマの絵がずっとひっかかっていて、それは、ナウシカが王蟲の子どもを隠している時に、連れ戻され引き離されてしまった。その時、お母さんも大人たちのなかに入っていて、何もしてくれないお母さんが描いてあるんです。


やはり天才はすげー。神の見えざる手、って感じだ。
だがこれを逆に見れば、ぼくらは宮崎駿が無意識に(?)残していった伏線を辿ることで、もしも宮崎に「転向」がなければ描かれたかもしれない「まぼろしの7巻」に近づける可能性があることになる。伏線が、結果的に結んでしまう一つの像に、この名作に秘められたもうひとつの物語を読み取れるかもしれない。

・・・なんて大風呂敷はさっさと畳むとして、さて結末に向けての伏線と聞いて、誰でもまず頭に浮かぶのが例のアレ、「その者青き衣をまといて金色の野に降りたつべし」って伝説だと思うが、これは劇場版で完全に使い切ってしまった印象がある。宮崎本人も「宗教的」というとおりで、6巻までの世界観とはマッチしないし、過去の焼き直しなんて宮崎のプライドが許さないだろう。

ぼくが注目したいのは、その後のナウシカ自身のセリフだ。
風の谷のわたしが 王蟲の染めてくれた 土鬼の服を着て トルメキアの船で出かけるのよ

このセリフは「あの方ははるか遠くを見ておられる」というミトのセリフに続くわけで、ナウシカが田舎部族の族長で終わらないことは無論、もっと何か大きな使命を帯びていることを予感させる。要するに、「はるか遠く」には、ナウシカによる何らかの統合が起こるんじゃないかと。

そしてこの”統合”という動き、『ナウシカ』世界全体をよーく観察すると、実はもっと巨大な動きとしても現れていることに気付く。
『宮崎駿の仕事』などで指摘されるとおり、そもそも土鬼とトルメキアという超大国の争いに巻き込まれる風の谷には、米ソ冷戦下の日本が暗示されていた。宮崎駿ご本人も「冷戦思考」の呪縛について語っている。
だがそうやって始まった『ナウシカ』世界は、次第に別の様相を見せるようになった。それは、この世界の社会様式のバリエーションから見えてくる。

まず1巻で分かるのが、トルメキアという国が「奴隷制」の国だということだ。
一方で、このトルメキアと土鬼は明らかに「封建制」の国でもある。
さらに、4巻には、思わぬ大金を得た土鬼の女が「国に帰って畑を買い、麦をまきます」と言うシーンがあって、土鬼の民衆には土地所有の概念があることが分かる。おそらく農奴から自作農への過渡期にあるんだろう。

3巻から登場する「森の人」は、この世界の裏番長という設定だが、その経済はまさに「原始共産制」に分類されるであろうもの。人間のもっとも清らかな状態として描かれている。
資本主義」については語るまでもない。それはすでに滅亡したが、遺跡や廃墟としていつも目の前に存在し、いま巨神兵として復活しようとしている・・・。

原始共産制、奴隷制、封建制、資本主義・・・。
ここにきれいに出揃った唯物史観でいう人類の発展段階。それが一箇所に同時に現れたとなると、その先にあるゴールとはその最終段階、すなわち人類の理想郷としての「共産制」しかない、そう暗示していると考えるのが自然なように思える。

実際、世界統合への動きは劇中でも起こっていたわけで、「新しい王が要るのだ。真の王道を歩む者が出現せねば人間は滅びる」と言ってたクシャナは、土鬼皇兄ナムリスの提案する「土鬼トルメキア二重帝国」に満更でもない様子。まず二大大国が統合しないとには先に進めないことを、重々承知といった雰囲気だ。

だが、仮に『ナウシカ』の世界に何らかの統合が行われて、共産主義社会っぽい何かが生まれたとしても、そこに「王」がいてしまっては元も子もない。森の人セルムがいうように「青き人は救ってはくれないのだよ。ただ道を指し示すだけ」でなければならないだろう。

それに宮崎駿自身、連載終了後のインタビューで「ナウシカの役割は、実際にリーダーになっていくとか、人々を導くとか、そういうものではない。代表して物事を見つめ続けるという、一種巫女みたいな役割なんです」と断言している。
ナウシカは巫女・・・。
ナウシカは神の声を聞く者・・・。

そうだとして、テレビもネットもない世界で、その神託を多くの民衆に伝えるためにはどうしたらいいのか?
・・・チククがいるじゃないか。
それが『ナウシカ』におけるチククの存在理由だろう。チククの強力な「念話」の存在理由でもある。

では残る「神」とは誰のことか。
そりゃまぁ「シュワの墓所」以外、見当たらないでしょ。宮崎駿が考える、理想の共産主義システムって感じで。

たしかに、現実の共産主義はロクなもんにならなかった。スターリンにしろ毛沢東にしろポルポトにしろ、圧政と粛正が常で、およそ理想とはかけ離れたリーダーだ。だがそこに、ナウシカの「心」があったらどうか。
「シュワの墓所」について、6巻までで分かっていることは、そこに旧時代のスーパーテクノロジーが封印されていることだけ。

おそらく唯一、神の声を聞けるものであるナウシカは、何らかの方法で墓所の中で永遠の命を得るのだろう。そしてナウシカという「心」を得た墓所は、人類の理想を実現する絶対知として完成する。シュワの墓所の「正しさ」を、ナウシカの「心」が担保するわけだ。
完ぺきな共産社会の誕生じゃないか。

・「ルワ・チクク・クルバルカはナウシカに従う」
・「マニ族はナウシカの道を選ぶ!!マニに皇帝はいらぬぞ!!」
・「ナウシカが・・・みんなをつなぐ糸なんだ」
・「ナウシカにはなれずとも同じ道はいける」

普通に考えれば、『風の谷のナウシカ』にはこうした人々の思いを汲み上げる形のハッピーエンドが用意されていたんじゃないかと思う。
シュワの墓所という完全無欠の管理システムと、全ての生命に惜しみなく降り注がれるナウシカの愛。
人は支配されるのではなく、やさしく包まれ守られる。
万人がナウシカになったのだ。みながナウシカとして生きよ・・・みたいな。

6巻から7巻途中までの『ナウシカ』には、そんな宮崎駿の夢が織り込まれていたように、ぼくには思える。


・・・と、ここで現実に戻る。
実際の『風の谷のナウシカ』は、ナウシカによるシュワの墓所の破壊で幕を閉じた。
伏線に見えたものも、人々の思いも、そこでは何一つ結実することはなかった。人類の近い将来の滅亡は決定した。
この結末の背後に宮崎駿の「転向」があるというのは、『ナウシカ』語りのひとつの定説だろう。だが「転向」の理由については、詳細をハッキリさせておく必要がある。

社会主義体制の崩壊っていってもね、ソ連の崩壊っていうのは全然ビクともしないんです。当然だと。これはむしろ圧政に抗して立ち上がるっていう古典的なパターンがあるんであってね。だから、そこじゃないんですよ。その後また民族主義かっていう、その”また”っていうのが一番しんどかったですね。第一次大戦の前に戻るのかっていう感じでね。

やっぱりユーゴスラビアのことが大きかったですね。それはソ連の崩壊より大きかったです。こりゃあ人間は学んでないなっていう(笑)。
(『風の帰る場所』)


読んでの通りで、宮崎を「転向」させたのは天安門でもソ連の崩壊でもない。それは、一度は「進歩」したはずのユーゴスラビアが、結局は前時代的な「民族主義」に回帰してしまったことだ。人間は「進歩」することを望んでいないんじゃないか、人間には国境も民族も必要なんじゃないか、地球市民なんてただの妄想だ。
と思ったかどうかは知らないが、転向した宮崎は、かつては同じメンタルを持っていたはずの朝日新聞を攻撃する。

 僕は『朝日新聞』を読んでいて腹が立つのは、政治記者たちの程度の悪さですね。つまり社会党が理念だらけになってゴチゴチになっている時は「理念に縛られて現実感がない」と言いながら、ひとたび理念を捨てたら、「理念を捨てていいのか」と叫び始めるという。じつは、理念を捨ててしまったことに一番恐怖を感じているのは彼らだという気がするんです。
(中略)
 自分たちが知っている政治の世界の愚かさを国民に教えようと思って、どんなことが起こっても、たいてい個々人の恨みとか、いやがらせとか、そういうレベルで語る。『フライデー』とか、ああいう雑誌と同じですよ。人間の品性というのはきわめて卑しいんだというね。自分たちがよく知らないところには、たぶん、高邁な理想があるんじゃないか、とすり替えていく。かなわんですね。本当にむかついているんです。
(『ナウシカ解読』1996年)


朝日新聞の記者が持つ、幻想の「高邁な理想」。
これこそが、まさしくナウシカに破壊されたシュワの墓所の正体だろう。
それは単に共産主義とか社会主義といったイデオロギーへの訣別ではない。左翼的な理想、それ自体との訣別だった。

ぼくらはこの事実、アニメ界の巨人宮崎駿が「自我の出発点であり、心のつっかえ棒」とまで言っていた左翼思想を、かれこれ20年も前に捨て去っていたことを改めて確認し、また強く意識していく必要があると思う。
つまり、あの宮崎駿だって「転向」したのに、まだ左翼やってる人って何なのよ? ってことだ。


【2013.7.21追記】
宮崎駿は「左翼」は辞めたと思いますが、今でも「サヨク」です。誤解なきようお願いします。
つづく

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか

マクロス
(ご注意!)
ここからしばらくは、比較的最近のアニメの話や、いわゆる「歴史認識」にまつわる話などが続きます。俺は宮崎駿の話にしか興味はねーんだ!!という方は、こちらの記事までスキップしてください。
風立ちぬ(1)〜小冊子『熱風』


超時空要塞マクロス』(1982ー83)は、当時ぼくはどうもキャラのデザインが好みじゃなくて敬遠していたが、今になって思えば、案外『マクロス』にこそ、あの時代というものが良く現れていた気がするので、そんな雑談を少々。

※テレビ版の『マクロス』は変な延長があったりして一貫性に乏しい気がするので、この記事では84年に公開された劇場版『愛・おぼえていますか』で話を進めます。
あらすじ等はこちらで ー超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますかーwikipedia

『マクロス』の世界では、人類はゼントラーディとメルトランディという二大勢力の宇宙戦争に巻き込まれた。これはいかにも1970年代的な設定というやつで、要するに米ソ冷戦の反映・・・。

・・・っぽく見えるが、実際にはゼントラーディもメルトランディも戦闘用に製造された人造人間で、いずれもプロトカルチャーとかいう超文明人によって作られた存在。そんな戦争に、アメリカもソ連もあったもんじゃない。
ここには、すっかり形骸化した昭和的思想の残骸しかないだろう。

一方で『マクロス』はバブルの予感にあふれている。
あの時代大いに叫ばれた国際化だが、マクロス艦内はまさに人種のるつぼ。主役の一条輝こそ日本人だが、その上司は白人アメリカ人、マクロス艦長はイタリア人、ブリッジオペレーターはフランス人やフィンランド人・・・、と展開した結果、何が起こったか。

アメリカ様のワンノブゼム化だ。
約40年前に日本と戦争し、占領し、その後も支配力を及ぼし続けてきたアメリカが、いきなり影の薄い存在にされてしまったのが『マクロス』だ。

この背景には、ついさっき「残骸」扱いした米ソ冷戦の影響が実はあるとぼくは思う。
1979年に始まったソ連のアフガン侵攻。それまで朝鮮半島やベトナムなど、割りと近いところにあった戦場は、かなり遠い中東に移動してくれた。この安堵感が、アメリカの圧迫感や存在感を希薄にさせた可能性は十分に考えられると思う。

バブルっぽさはストーリーにも現れる。
『愛・おぼえていますか』のクライマックスでは、アイドル歌手リン・ミンメイの歌が、大戦の流れを変えていく様子が描かれている。「文化」を知らないゼントラーディ軍・メルトランディ軍は、歌を聴くと戦意を失ってしまう。ゼントラーディの司令官は「文化を取り戻すのだ」と叫んで、マクロス援護に走る。
つまりここで表されているのは、戦闘より文化が上位にあって、文化の力で戦争はなくせる、ってことだろう。だから主役・一条輝の最大の功績は、敵を撃墜したことじゃなくて、ミンメイを説得して歌わせたことにある。

エズラ・ヴォーゲル著『ジャパン・アズ・ナンバーワン』が発刊されたのは1979年。
劇中で「文化」とは言ってるものの、隠された本音は「経済力」で勝てばいいって感じじゃなかったか。1984年といえば、あのバブルの直前だ。北方領土でも何でも、カネで解決すればいいじゃないか。世界全部を日本が買ってしまえば、戦争なんて起こらない。

Wikipediaの「バブル景気」の項目をみると、あの時代は「アッシー君」やら「メッシー君」やら「亭主元気で留守がいい」やら、「兎にも角にも激しい男性蔑視、マン・バッシングが吹き荒れたのがバブル時代のもう一つの顔」だったとある。
そんな世相に昭和のヒーローなんて、激しく場違いだろう。

かくして『マクロス 愛・おぼえていますか』と同じ年に公開された『風の谷のナウシカ』も『うる星やつら2』も、主役はぜんぶ美少女で、少年たちはその引き立て役。その後の『パトレイバー』も主役は泉野明(いずみ のあ)の方だし、『攻殻機動隊』もそうか。

ま、ここら辺の話は「今さら」の話。
『マクロス』はヒーローなき時代への牽引者だったかも知れないが、バブルが弾けてみれば『仮面ライダー』も『ウルトラマン』も華麗に復活を遂げたわけで、やっぱり男の子には「カネ」以外の価値の象徴であるヒーローは必要なんだろう(女の子には魔女っ子が必要なんだろう)。

「消えたアメリカ」だって、96年の『ウルトラマンティガ』では「地球平和連合TPC」の本部が何とわが日本にあったわけだが、それも『ウルトラマンメビウス』(2006年)のGUYS本部でニューヨーク沖に戻っている。たしか『エヴァンゲリオン』のネルフも日本に本部があったように記憶しているが、90年代半ば頃は、思い上がったバブルの増上慢が、まだまだ残っていた時代なんだろう。

つづく

琉神マブヤー  〜「命どぅ宝」とヒーロー

マブヤーDVD

以前から、これは書かねばと思ってきたのが、沖縄のご当地ヒーロー『琉神マブヤー』(2008年)だ。
ぼくらオッサンが少年時代にみていた『仮面ライダー』や『マジンガーZ』などには、結果としてぼくらに自虐史観(東京裁判史観)を植え付ける効果があったのでは? というのがこのブログの趣旨なわけだが、現代の沖縄の少年たちにその心配はない(学校にさえ行かなければ、だが)。『琉神マブヤー』がいつだって大切なことを教えてくれる。

ストーリーはこうだ。
沖縄に伝わる9つのマブイストーンを、マジムンという悪の軍団(というかチーム?)が奪いに来た。それを阻止すべく、マブイグミにより琉神マブヤーの魂を宿した叶(カナイ)という青年が戦う物語。
方言バリバリで聞き慣れない単語が多いが、「マブイ」とは魂を意味していて、それを封じ込めたものが「マブイストーン」。
第1話で狙われたのは「ウチナーグチ」のマブイストーンで、それを奪われると沖縄は方言を失う。

マジムン首領ハブデービルは言う。
ウチナーグチっていうのは口でできてると思うか? 言葉っていうのは心でできてるわけよ。だからウチナーグチのマブイストーンは言葉を消すために奪ったんじゃない。ウチナーンチュの心を消すために奪ったわけよ
悪人ながら良いことを言う(笑)。

以下、「石敢當」「テーゲー」「エイサー」「チャーガンジュー」「いちょりばチョーデー」と、沖縄人なら(たぶん)誰でも知ってる心やモノ(のマブイストーン)が狙われていくわけだが、ヒーロー番組としては微妙な問題も、避けることなくしっかり扱っている。
命どぅ宝」、反戦平和運動のスローガンだ。

第9話。反戦デモ隊(といっても3人だが)に出くわしたカナイは「何で戦争ってダメなの」と問われる。するとそこに(実はカナイの兄である)ニライが現れて議論になる。
ニライ「戦争はなるべくない方がいい。でも時には必要がある。愛する人たちを守るために」
カナイ「争いで解決していいの? そうなれば戦争はずっと繰り返される。人間の知性は未来永劫に変わらない」
ニライ「この沖縄が悪の軍団に攻められた場合、君はどうする? 戦うだろ?」

その後、ニライの言う通り、マジムンを戦闘によって撃退したカナイは悩む。
「俺がやられるかもしれないんだぞ。やるかやられるかだろ?」
マブヤーの力を究極に引き出すべく、修行に赴いたチルダイ森の大主(うふぬし)はカナイに問う。
「撃たれたら撃ち返す。これはいつ終わる?」

暴力に暴力で対抗すること、怒りに怒りで対抗すること。
その連鎖を断ち切るためにカナイが出した答えは、すべてのものへの「感謝」の心だった。
最終回、カナイはハブデービルに言う。
「おれは全力でマブイストーンを守ってきた。でもお前たちが奪ったりしなければ、その大切さに気付かないままだった。だから、それを教えてくれてありがとう。にふぇ」


世界の平和だとか人類の未来だとか叫びつつ、実はただ自分自身の復讐のために戦っていた某昭和ヒーローと比べた時、沖縄の伝統や文化や精神を守るために戦ったマブヤーには、ヒーローのあるべきリアリティが充ち満ちている。別にカッコいい変身ポーズをとらなくても、カッコいい戦闘スーツを着てなくても、カッコいい必殺技がなくても、沖縄を守ることはできる。みんながマブヤーになれる。
たしかに日本は戦争に敗れ、沖縄は長く占領されてしまったが、その間も大切に守ってきたものがあるからこそ、逆にいま『琉神マブヤー』が存在できる。「命どぅ宝」は沖縄の精神の一つだが、命以外にも守るべき「宝」は沢山あることを『琉神マブヤー』が教えてくれる。

ぼくが知ってるご当地ヒーローはこの『琉神マブヤー』だけだが、このフォーマットはどの地方でも一回だけは作れるわけで、きっと各地にマブヤーの仲間たちが誕生したことだろう。ヒーロー番組の中に、地元の伝統や文化を保存できるなんて、凄いアイデアだ。

てか、最近の特撮とかアニメって、クオリティの高いものが多すぎる。
2000年の『クウガ』以降の仮面ライダーシリーズには、かつてのショッカーのような「世界征服を狙う悪の秘密結社」は出てこない。そんな単純で非現実的な悪では、いまどき誰にも相手にされないのだろう。ゆえにいくら観ようと、自虐史観に染まってしまう思考回路を持つ危険はない。
安全で、健全で、面白い。

つづく

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 〜非戦とデスティニープラン

seed

今回の話題も割りと新し目で、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』。
めんどくさいので、ここでは『SEED』(2002)と続編の『SEED DESTINY』(2004)をまとめて『SEED』呼ばわりする。
ぼくが『ガンダムSEED』をみたのはごく最近なんだが、感想としては、物語として面白いのはもちろん、非常に考えさせられる作品だったと思う。時を経ても『ガンダム』は『ガンダム』、血は争えないなーというところか。

あらすじを一言で言うと、普通の人間と遺伝子改造人間が戦争をする話。ファーストとゼータと逆シャアの良いとこ取りしているので、ぼくらオッサンにも親しみやすい。ニュータイプに代わる人類救済の道もちゃんと示されていて、劇中では「デスティニープラン」と呼ばれている。
詳しくはWikipediaでご確認を・・・。

・・・などと言いつつ自分でもWikiを覗いてみると、そこには「作品のテーマ」なんていう何とも美味しそうな項目があるじゃないすか・・・。

監督の福田が公式サイトのインタビューにおいて2004年9月25日付で語るところによれば、『ガンダムSEED』シリーズ第1作は、「キラとアスランを主人公に据えて『非戦』というテーマを描いた」とのことである。また、同年12月10日に同インタビューで、2作目『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』についてエグゼクティブプロデューサーの竹田青滋も、「前作から引き続き非戦ということを訴え続けるつもりである」と述べている。


非戦を訴える・・・・。
そのテーマ自体は結構なことだ。しかしぼくの目が曇っているのか、『SEED』のどこに「非戦」が訴えられているのか、実はサッパリ分からなかった。たしかに主役のキラ・ヤマトを始めとした登場人物たちは、戦争はイヤだと言う。だがそんな少年の口から出るセリフなんて、到底「訴え」ていることにはならないだろう。現に、いくら騒ごうが叫ぼうが嘆こうが、それがこの戦争の何か一部にでも影響するような展開には全くなっていない。人はガンガン死んでいく。

ならばこっちか、武装中立国オーブ
他国を侵略せず、他国の侵略を許さず、他国の争いに介入しない」を理念とする中立国家で、「非戦」を訴えるのはどうか。
しかしオーブの代表、カガリはこうも言っているぞ。
オーブは何より望みたいのは平和だが、だがそれは自由自立の中でのことだ。屈服や従属は選べない」。
そうしてオーブは武器を生産し保持し、さらには輸出もしている。領海内に敵が入れば、もちろん武力で排除する。さらには同盟を結んだ大西洋連合の命令で、その先兵として国外でも戦闘行為を行った。
つまりオーブで描かれているのは、小国が中立でいることの難しさであって、これまた「非戦」とは言えない。

というわけで、『SEED』ではむしろ、非戦や平和を叫ぶことの「無力さ」の方が描かれている気がしてならない、それもかなり徹底して・・・。なにしろ『SEED』であれほどの惨劇を描いたわずか2年後に、ここの人類はまたも戦争を始めた(『DESTINY』)わけで、これほど救いようのない人類も珍しいんじゃないか? レクイエム(大量破壊兵器)の撃ち合いなんてきちがい沙汰だ。

ファーストガンダムでは、そんな愚行を繰り返す人類の救済の道として、ニュータイプという概念が登場した。「人の革新」というように、人間そのものが変わることによって、人類が進歩できるという考え方だ。ただしそれは、結果としては戦闘用に利用されるものとしてしか発展しなかった。その理由としていちばんに上げられるのは、人類全員がニュータイプじゃないから、だろう。
『SEED』でデュランダル議長(声・池田秀一)に提唱された「デスティニープラン」は、もっと現実的な人類救済策だった。

人間の遺伝子を解析する事でその人が持つ先天的な適性と能力を調査し、その解析結果を基にその人を最適な職業や役割に就かせて、より効率的な社会運営を目指すと言うもので、その結果として個人間の諍い、しいては国家間の争い事が無くなるという人類救済措置(Wikipediaより)


ひとが「望むから戦う、欲するから争う」なら、「得られるものと得られないものを始めから」知ることで、誰かに勝とうとする心はなくなる。人生の目的は生まれ持った遺伝子情報の実現なので、戦う相手は自分自身だけだ。ならばおそらく、「デスティニープラン」で人間同士の争いは消滅するのだろう。

しかしその夢のようなプランは、劇中で猛反対を受けてしまう。
カガリ「願って望んで頑張ることには、何の意味もないというのか。ああなりたい、こうしたいと望むのも、ただ無駄だと・・・
ラクス「何を得ようと、夢と未来を封じられてしまったら、人はすでに滅びたものとして、ただ存在することしかできません
キラ「でもぼくたちはそれを知っている、分かっていけることも、変わっていけることも。だから明日が欲しいんだ。どんなに苦しくとも、変わらない世界はイヤなんだ

デスティニープランのどこが嫌われたか。
そりゃもちろん、自分の生活や人生を、自分で決められないとこだろう。
でも人間が何でも自由に選択できるようになった歴史は、浅い。しかも世界的に見れば、それを実現しているのは僅かな先進国だけだろう。
だからカガリやキラの発想は、いかにも民主主義的だ。ニュータイプにせよデスティニープランにせよ、人間を先天的な優劣で決定してしまう。そんなの差別だし、個人の自由はどこ行った!
要は、基本的人権の尊重に反するんじゃないか、ってのがみんなの反発の根底にあるとぼくは思う。

しかしそうなると、ここには一つ、興味深い疑問がないか?
そもそも、戦争をなくして非戦を実現するためには、人間そのものを変えるしかない。
そのための方法としての「デスティニープラン」には、それなりの説得力がある。
なのに、それは基本的人権の尊重に反するからイヤだという。
だったら、「平和主義」と「基本的人権の尊重」って、ホントに両立するのかいな?
ってことだ。

もちろんそれは『SEED』の世界の話であって、ぼくらの『日本国憲法』がそうだという話じゃない。だが、平和主義を訴えつつ、デスティニープランを否定したキラ・ヤマトが出した結論は何だったか。
ぼくは戦う」だ。
この発言を、花が吹き飛ばされたらまた植えればいい、みたいに理解するのは、文字通りにお花畑な思考回路だ。それはまさに、キラ・ヤマトこそが人類最強の遺伝子改造人間で、普通の人間のモビルスーツなんぞは一度に何十機も破壊できるから言えるセリフであって、例えばぼくが同じことを言ったら笑わない人はいないだろう。

戦いをなくすには、戦おうとするものと戦い続けるしかない。
一周回ってスタート地点に戻ってしまったかのような『SEED』の結論だが、その過程では人権やら自由やら、平和主義と等価とされる別の価値が語られた点が実に興味深い。人間が、長い闘争の歴史の中でようやく掴んだ民主的な価値の中に争いの元があるのと言うのなら、そしてそれを捨てられないというのなら、口先で平和や非戦を叫ぶことになんて何の意味もない。

『SEED』をみて育った少年少女が、単純な平和主義や反戦思想、それを元にした自虐史観に染まる危険はありえない話というわけだ。

つづく


ONE PIECE(ワンピース)〜冬に咲く、奇跡の桜

実験中

コミックの売り上げで検索すると、2012年年間1位の『ONE PIECE』は、2位から5位まで足したのと同じくらい売れてるらしい(オリコン調べ)。累計だと2億8000万部。財務省っぽく言うと、国民一人当たり2.2冊。
こんな怪物に、もしもおかしな思想が紛れ込んでいたら大変だ。子どもたちがみんな洗脳されてしまうじゃないか!

・・・なんて心配は無用だろう。
Wikipediaには「戦争や権力、領土問題、宗教問題、人種差別など様々な社会問題を風刺する内容も織り交ぜている」とあるが、そのどれもがいたって健全な思考から描かれているのが『ONE PIECE』だ。
また、『ONE PIECE』では少年の心の成長に必要な「父性」が十分に描かれている。父性をWikiから引用すれば「子供を社会化していくように作動する能力と機能」「子供に我慢・規範を教え、責任主体とし、理想を示すもの」で、一言でいえば「こう生きろ」と教えること。
『ONE PIECE』には強烈な父性を放つ、カッコいい男たちが多数登場する。

で、このとき注目したいのが、そのバリエーションの豊富さだ。
麦わらの一味」のゾロやサンジといった若いお兄さんたちがカッコいいのは無論のこと、白ひげ、ジンベエ、レイリー、ゼフ、シャンクスなど、中年のおっさんたちもカッコいい。だから自分が「麦わらの一味」の年齢を追い越してしまっても十分に楽しめるし、女の子が読めばいろいろな”男の格好良さ”を知ることができて、恋人選びの良い参考書になるはずだ。
おそらくこの点は『ONE PIECE』の独自性の一つで、ぼくは『NARUTO』も30巻くらいまで読んだが、カッコいいオッサンは見かけなかったような気がする。前回記事にした『ガンダムSEED』も同様で、そこに「父性」と呼べるものはなかった。

さてそんな『ONE PIECE』の父性が端的に描かれているのが、2008年公開の映画、『冬に咲く、奇跡の桜』だろう。感動の名作なのでネタバレは避けるが、あそこでチョッパーに医学を志させたDr.ヒルルクの生き様が、丸ごと「父性」。
Dr.ヒルルクに「この世に直せねえ病気なんてねえ」「この世の全ての人間は救うことができるはずだ」と教えられたからこそ、「この世に万能薬なんてない」と言うDr.くれはに向かって「俺が万能薬になるんだ」とチョッパーは言うことができた。
そして8年前の、「いつか海に出ろ」というヒルルクの勧めに従って、チョッパーは海賊(船医)になった・・・。

・・・いや、さすがにヒルルクに憧れる女の子はいないと思うが(笑)、チョッパーと同じように医者を目指した少年たちが、将来そのきっかけにヒルルクを挙げる日は来るかも知れない。てか、こんな少年少女向けの劇場版アニメに、小汚いおっさんが主役級で延々と出演してる『ONE PIECE』って、かなり不思議な世界のように思える。

それと、『ONE PIECE』を特徴付ける要素として、もう一つあげたいのが「」という概念だ。『冬に咲く、奇跡の桜』でも、守備隊長のドルトンの口から「国」を語らせるシーンがあったが、2007年の『砂漠の王女と海賊たち』はモロにアラバスタ王国の内戦の話なので、「国」の話題で一杯だ。
そして、そうなれば必然的に出てくるのが「軍隊」についての話題だろう。

幼女時代の王女ビビと護衛隊副官ペルの会話。
ビビ「なぜ毎日戦いの訓練をするの?」
ペル「護衛兵ですから、この国をお守りするためです。強くならねば」
ビビ「誰と戦うの?」
ペル「さあ・・・戦うことより、守るのです」
ビビ「ちがうの?」
ペル「目的の違いです」

・・・この健全な感覚は素晴らしい。

たしかにルフィたち「麦わらの一味」は国を捨てた海賊だが、国から国への旅の途中で、さまざまな「国」が語られていく。そしてルフィたちは、いつでも愛国者の味方をしていく。
一方『ONE PIECE』の世界には、諸国家の上位に「世界政府」という統治機構が存在していて、ルフィたちはそれとは対立する。国連が独自の軍隊を持ったとして、それを「国」だと思う人はいないだろう。

ということで『ONE PIECE』から、ぼくが勝手に注目している2点について短く書いてみた。
しかしそうしてみると、何だか『ONE PIECE』ってフェミニストと反戦平和団体にケンカ売ってるような作品に思えてきて、痛快だ。このマンガで育った人が、おかしな思想に染まることは考えにくい。

つづく

コードギアス 反逆のルルーシュ

コードギアスの世界地図

コードギアス 反逆のルルーシュ』(2006ー08年)の世界で、日本は「ブリタニア帝国」とやらに占領されてその属領となり「自由と権利とそして名前を奪われた」。日本は「エリア11」と呼ばれる植民地となった。
このときブリタニア帝国の圧政があまりも苛烈だったのと、その本土がアメリカ大陸にあったことから、ネット上では「反日だ」「反米だ」といった意見も見られる。その背景には、毎日放送の竹田青滋というプロデューサーの左翼的な思想があるようで、『コードギアス』については氏のこんな発言がある。

僕は大学で明治から戦前にかけての日本の朝鮮半島支配を専攻してしていたんですが、ブリタニア帝国が日本に対してやっていることは、かつて日本が朝鮮半島に対してやったことと、共通する部分もあるように思います。靖国問題や改憲議論が取りざたされている今、若いひとたちが『コードギアス』を見て、かつて日本がやって来たことを想像してもらえるのは、いいことなんじゃないかと。(『アニメージュ』2006年12月号)


まぁ個人が何を考えようがその人の勝手だが、日本は朝鮮と戦争したわけじゃないし、植民地にもしていないし、「ゲットー」に押し込めて女子供かまわず虐殺したりもしていない。反対に、文字を復活させたり公共工事に励んだりして、朝鮮半島の近代化に尽力したことは今ではすっかり有名になっている(ネット限定らしいが)。

一方、同じ本のインタビューでは、監督の谷口悟朗氏がブリタニア帝国について、「よくアメリカのことかと訊かれますが、だったらもっと国としてのアメリカにしますよ」と明確に否定している。確かにアメリカの歴史を考えれば「帝国」なんて水と油なわけで、それをアメリカと感じて違和感がないなら、「米帝」だとか「日帝」だとかの左翼用語に慣らされ過ぎの気がする。

決定的なのは、ルルーシュ(主人公)が23話で日本を独立させた際の国名だ。
合衆国日本」。
初めて聞いた時は思わずのけぞってしまったが、それは「あらゆる人種、歴史、主義を受け入れる広さと、強者が弱者を虐げない矜持をもつ国」だそうで、イメージ的にはこれぞアメリカ合衆国ってところだろう(黒人差別の歴史は別だが)。

つまりは、ごく最初の方こそアメリカ大陸に存在するブリタニア帝国が現実のアメリカ合衆国に見えるが、だんだんとそれは監督さんの言われるとおり、ただの「強大な敵」として記号化していく。中華連邦なんてのも出てきて九州に傀儡政権を作ろうと図るが、こっちだって「天子さま」が存在していて中共っぽさは皆無、かつての清朝あたりがイメージ的に近い。

しかし仮にそうだとして、アメリカも中共もないこの世界で、なんで「日本」だけが日本として描かれなければならないのか。租界の外側のゲットーに押し込められて、差別されて虐殺される。半分に削られてしまった痛々しい富士山。日の丸ハチマキの前時代的なレジスタンス。日本万歳のかけ声で実行される自爆テロ。「リフレイン」なる麻薬に溺れる人々・・・。

この執拗なまでの日本人イジメは何なのか。
それを制作側の(一部の人の)思想面に求めると、『コードギアス』は「反日」に見える。
が、おそらくそれは違う。

レジスタンス「黒の騎士団」を率いるルルーシュは、実はブリタニア帝国の第11皇子なんだが、個人的な理由から仮面を被ってブリタニア帝国と戦っている。そんなルルーシュの第9話でのセリフ。
エリア11は日本だった頃に比べてよくなったとも言える。ブリタニアの植民エリアに入れたおかげで、軍事も経済も格段に安定した。市民権だって手に入る。役所に行って手続きをすれば、名誉ブリタニア人になれるじゃないか。あとはプライドの問題・・・。ま、そっちを大事にしたい気持ちもわかるけどね

プライドの問題・・・。
だとすれば、ここで問われているのは「怒り」だろう。
あれだけ酷い描かれ方をして、日本人なら苛立たない方がどうかしている。
どこか遠い星の宇宙人じゃなく、ぼくらの同胞が苦しんでるんだから、ちょっとは真剣にその救済を考えるだろう。


脚本家の大河内一楼氏は、『クリティカル・ゼロ コードギアス 反逆のルルーシュ』(2009年)という本の中で

『コードギアス』のときは全50話の予定だったのですが、第1話と第25話(第1期の最終回)、第50話(『R2』の最終回)だけを決めていたんです。


と語っている。つまり始めから結末は決まっていたということで、『R2』を続編と考えるのは微妙に違うだろう。『コードギアス』は全50話でひとつの物語ということだ。では、もうひとつ、あらかじめ決まっていた第25話はどう終わったか。
第一次東京決戦での、黒の騎士団の壊滅だ。
ここで日本人による大規模レジスタンスは完全に潰えてしまった。

しかし代わって第26話から始まる『R2』で、救済の道は二つ示された。
ひとつはルルーシュの父シャルルが計画した「ラグナレクの接続」だが、これはルルーシュによって潰された。
そしてもうひとつの道、ルルーシュ自身の計画「ゼロレクイエム」によって日本は独立を回復し、日本人が救済された。

その過程はこう。
中華連邦が九州ブロックに作った傀儡政権をルルーシュは潰す。続いてブリタニアが建設した「行政特区ニッポン」、その中では「日本人」を名乗れるし、ブリタニア人の特権も存在しないが、やはりルルーシュに潰される。そして先述した「合衆国日本」が誕生。『R2』で大陸に渡ったルルーシュらは中華連邦を内部崩壊させて民主化、「合衆国中華」を建設。さらには、日中ふたつの「合衆国」を中心に47カ国が連合し、「超合集国」が誕生する。「超合集国」は固有の軍事力を放棄し、どの国家にも属さない戦闘集団「黒の騎士団」に安全保障を委託することを決定。ルルーシュはそのCEOとして全軍を日本奪還に振り向けるが、第二次東京決戦もブリタニア軍の勝利に終わる。その後何やかんやあって父シャルルを殺したルルーシュは、うまいことブリタニア皇帝の座を乗っ取ると、歴代皇帝陵の破壊・貴族制度の廃止・財閥解体・植民地の解放などの民主化政策を行う。このとき、名目上は日本が独立する。そして実兄シュナイゼルとの最終決戦に勝利したルルーシュは、ブリタニア第99代皇帝と黒の騎士団CEOと超合集国議長を兼ねる、とんでもない権力者となる。このとき日本は皇帝直轄領に。
そしてそのうえで、ルルーシュは大衆の目前で自分を暗殺させる・・・。


わざとゴチャゴチャさせて書いてみたが、劇中で日本が真に独立国となり、世界に平和が訪れるには、こんだけのプロセス、手数が必要だったってことだ。全ての国家を民主化させ、軍事力の一斉放棄(黒の騎士団への委譲)を行って、世界はようやく「話し合いというひとつのテーブルにつくことができる」。そのためには強引な独裁政治が一時的に必要だったし、そして最後は軋轢や憎悪を一身に引き受けて、ひとりの独裁者がこの世から消えなければならなかった・・・。

・・・もちろん、こんなのは「マンガ」でしかない。
しかし、日本人への圧政、差別や虐待に本気で「怒り」、その心のままに解放と平和を願ったとき、初めてその先に求められる努力の大きさに呆然とできるだろう。ここまでやらなければ軍隊は放棄できず、戦争はなくせないのかと。

だからおそらく『コードギアス』をみた少年少女たちが、思考停止の平和主義に陥ることはないだろう。ルルーシュ流の「世界政府の作り方」を知った後で、具体策にかける精神主義に心動かされる者はいない。

つづく

『はだしのゲン』の歴史認識 〜南京大虐殺/従軍慰安婦

gen

反日マンガの世界』(2007年・晋遊舎)というムックで、反日まんがの二大巨頭みたいにあげられてるのが『はだしのゲン』と『美味しんぼ』だ。ぼくらの世代だと『美味しんぼ』は十分成長してから読んだので無害だったが、『はだしのゲン』のおかげで東京裁判史観に洗脳された過去を持つ人は大勢いるはずだ。

はだしのゲンがいた風景』(2006年・梓出版社)などを読むと、あの時代、このマンガがいかにして学級文庫や図書室を席巻していったかが、詳しく書いてある。ちなみにぼくは小学生の時に、親が共産党員をやってる友人から(むりやり)渡されて読んだ口だ。

ところがそんな『はだしのゲン』、あらためて読んでみると、マンガとしてはスゲー面白い。原爆やら反戦やらを抜きにして、ゲンと人々が織りなすドラマは一級品だと思う。中公文庫コミック版の7巻の巻末では、「封建主義者」として名高い評論家の呉智英さんが『はだしのゲン』を絶賛しているが、こんな感じだ。

『はだしのゲン』の中には、しばしば政治的な言葉が、しかも稚拙な政治的言葉が出てくる。これを作者の訴えと単純に解釈してはならない。そのように読めば、『はだしのゲン』は稚拙な政治的マンガということになってしまう。そうではなく、この作品は不条理な運命に抗う民衆の記録なのだ。稚拙な政治的言葉しか持ちえなくても、それでも巨大な災厄に立ち向かおうとする人々の軌跡なのだ。

呉智英さんの「人間を描けているか、人を感動させるかが、作品を評価する基準になるのだ」という意見はごもっともで、何も異論はない。ぼくもこのブログでいろんな作品にケチをつけているが、そもそもつまらない作品は話の俎上にも上らないもんだ。ゲンがわめき散らす悪態だって、天皇陛下だけじゃなく、軍部にも財界にも、もちろんアメリカにも向けられているんだから、こどもの戯れ言として見逃してやってもいいのかもしれない。

が、それでも『はだしのゲン』には大きな問題があって、大人が「人間ドラマ」として楽しむならともかく、無垢な子どもに読ませるのは、かなりマズイとぼくは思う。というかむしろ、『はだしのゲン』を支援する政党や団体にとっての方が、この作品はマズイだろう。もちろんそれは、ゲンが叫ぶ「稚拙な政治的言葉」のせいでだ。
簡単に言ってしまえば、そこで何が描かれ、何が描かれなかったのか、ということが問題になる。

手元の中公文庫7巻には、卒業式の君が代斉唱を拒否したゲンが、こんなセリフを吐くシーンがある。

わしゃ日本が三光作戦という、殺しつくし、奪いつくし、焼きつくすで、ありとあらゆる残酷なことを同じアジア人にやってきた事実を知ったときは、ヘドが出たわい

三光作戦・・・?。
こんな単語を知ってる人が、世の中にどれほどいるんだろうか?

戦術としてよく知られた呼称が中国語であることなどから「三光作戦は中国側のプロパガンダだ」と言われ、また「三光作戦」に言及することが「左派系のプロパガンダ」とされることも多く、これらの行為の実態はその有無も含めて議論がある。

Wikipediaにはこんな説明があるが、戦後、「三光作戦」という用語を使って旧日本軍を糾弾してきたのは中国共産党だったらしい。ところがいつの間にか中共側もこの主張は引っ込めてしまい、かつてライバルだった国民党(中華民国)が使ってきた単語に乗り換えた経緯があるそうな。
その単語とは、言わずと知れた「南京大虐殺」だ。

※参照動画「2/3【討論!】南京の虚構を暴く![桜H24/3/17]

つまり、ゲンというか中沢啓治は『はだしのゲン』の中で、あの「南京大虐殺」に全く言及していなくて、触れられたのは中共ですら引っ込めてしまったプロパガンダの「三光作戦」なんですよ・・・。

『はだしのゲン』の連載が始まったのは1973年で、本多勝一の『中国の旅』はその前年に刊行済み。ましてや中公文庫の7巻目が描かれた80年代なら、日本軍の残虐を訴えるために選べるカードは「南京大虐殺」でも「三光作戦」でも良かったはずだ。だが、中沢啓治が引いたのはプロパガンダの方(三光)だった・・・。

・・・これ、もう一方(つまり南京)がプロパガンダじゃない保証って、ほんとにあるのか?


『はだしのゲン』で言及されなかった「日本軍の蛮行」はまだある。
「軍の強制による従軍慰安婦」だ。

朝鮮人の労働力としての徴用は第1巻から出てくるが、いわゆる「従軍慰安婦」についての言及は実は皆無。
慰安婦に「軍の強制」があったとする吉田清治の偽書(創作)が世に出たのは1977年だから、雑誌掲載時の「激動編」以降ならマンガに描けたことを考えると、言及がない理由は中沢が「知らなかった」「聞いたことがなかった」「信じなかった」などネガティブなのものにならざるを得ないだろう。

念のため書いておくが、マンガ完結後になって中沢啓治が「南京大虐殺」や「(強制連行)従軍慰安婦」について発言したとしても、そこに意味はない。反戦平和の教典のような『はだしのゲン』で、リアルタイムにはそれらが描かれていないことが問題なのだ。

「右」からすれば、「三光作戦」や「強制連行」のようなデタラメのせいで子供に見せられない。一方、「左」からすれば、「南京」も「慰安婦」も抜けているから子供に見せられない。
お互い、つくづく扱いに困るマンガというわけだ(笑)。


ところで以前、コメント欄で「人は何故サヨクになるのか?」が話題になったことがある。
「サヨク」って何? を一応書いておくと、共産主義や社会主義に興味はないが、無自覚にその思想的影響下におかれてる人、ってとこか。反戦平和や人権や平等といった価値観を絶対のものと感じていて、自虐史観(東京裁判史観)に呪縛されていることが多い。

で、今回『はだしのゲン』を取り上げたのは、人がサヨクになる原因のひとつには「間違った歴史認識」があると思うからだ。あの中沢啓治でさえ「間違っていた」。ならば、マンガで反戦を訴えることもない普通の一般人が、自分だけは間違っていないと言い切れる根拠など、どこにあるんだということだ。

実はぼくの親しい友人にも、最近になるまで「南京大虐殺」の実在を疑ってないおっさんがいた。それはかなりの問題なので、次回からはしばらくの間、そんなおっさんに向けた記事でいこうと思う。とりあえずは、おっさんに人気の「リベラル」作家、司馬遼太郎のこんな発言から。

たとえば私は戦争の末期、旧日本軍の兵士でした。戦後になって日本がほうぼうで悪いことをしたというのを初めて知るんですけども。私はそんなの目撃したこともないし、もちろんやったことなどなんにもない。満州でもない。中国の人ともうまくいってました。(『時代の風音』1992年)


つづく

映画『戦争と人間』(1970ー73 日活)


1970年から73年にかけて、日活が大金かけて作った映画に『戦争と人間』がある。原作は五味川純平で、監督が山本薩夫。三部作の合計で、9時間23分という超大作だ。満州事変から支那事変あたりを舞台とした壮大な人間ドラマで、豪華キャストに豪華セット、ロケ地の映像も美しい。

・・・が、これがトンデモない反日映画なんすよ。
途中途中に妙な史観が混ざってくるおかげで、せっかくの人間ドラマも楽しめないし、何もかもがウソくさく思えてしまう。もちろん作り手は、当時の「史実」と思われていた知識で作ったんだろうが、それが間違っていると映画そのものが残念なことになる典型だと思う。
まぁこんなクソ長い映画、今からわざわざ観る人も少ないだろうので、ぼくの方で参考までに「史観」だけをまとめてみたい。


最初にでてくるのは、台湾統治下でおきた原住民の暴動事件、「霧社事件」だ。

昭和5年10月、台湾霧社部族は過酷な植民地収奪に耐えかね、突如蜂起した。これに対し日本軍は凄惨な弾圧を加えた。霧社事件である。


このナレーションだけ聞くと、日本はまるで『さらば宇宙戦艦ヤマト』のガトランティス帝国かのようだが、Wikipediaにはこの事件の顛末についての詳細がある。それによると、暴動の原因はこうだ。

その日、巡査は同僚を伴って移動中に、村で行われていた結婚式の酒宴の場を通りかかった。巡査を宴に招き入れようとモーナ・ルダオ(霧社セデック族村落の一つマヘボ社のリーダー)の長男、タダオ・モーナが巡査の手を取ったところ、巡査は宴会の不潔を嫌うあまりステッキでタダオを叩いた。侮辱を受けたと感じたタダオは巡査を殴打した。この殴打事件について警察からの報復をおそれた人々が、特にモーナ・ルダオは警察の処罰によって地位を失うことを恐れ、暴動を画策したと言われている。


結局のところ問題の根本にあるのは、日本人が持つ台湾原住民(首狩り族)への差別意識であって、「植民地収奪」ではない。ただ、当時日本が行っていた「理蕃政策」は台湾の民主化・近代化を目指したものではあったが、それは余りに性急で上から目線だった。文明の強制が、台湾原住民の不満を募らせてしまったというわけだ。

が、大切なのはここからだ。
この事件に衝撃を受けた総督府はすぐに理蕃政策の抜本的見直しに着手、原住民は「日本人と同等の民族として位置づけられ、皇民化教育が最優先されるようになった」。その結果、現在の台湾原住民は「日本統治時代に日本側が原住民の文化についての詳細な調査・記録や研究をおこなったことが、原住民が自らの伝統文化を継承するにあたって大きな助けになっていると評価をしている」(引用Wikipedia)。
そして

現在も原住民の居住地域は「山地管制区」と呼ばれ、外部の人間が出入りし、経済活動を行うことが制限されている。(これは現在では隔離政策と言うよりも保護措置として受け止められている。)


簡単にいえば、かつての日本(総督府)は「悪」だったが、暴動のあとは「反省」して「善」になった。人も国も成長するものだと考えれば、大切なのは当然、「反省」して「善」になった後半部分だ。
しかしこの映画はそれを認めず、一度でも「悪」を犯したものは、未来永劫に「悪」だと糾弾しているわけだ。わざわざ「過酷」とか「凄惨」といった言葉を持ち出してきて・・・。


続いて登場するのが、統治下の朝鮮で起こった「三・一運動」(万歳事件)だ。

大正八年三月一日
朝鮮独立運動弾圧
殺傷者三万余
万才事件という


もともとは平和なデモ行進だった独立運動はしだいに暴徒化し、総督府発表では死者357人、『韓国独立運動之血史』によれば死者7509名という内乱に発展してしまった。映画では、白装束の朝鮮系日本人(元朝鮮人)が、デモ中に内地人に銃剣で一突きに殺害されたり、まとめて首つり刑にされたりと、残虐な映像が続く。しかし韓国人の金完燮が書いた『親日派のための弁明』(2002年)には、こういう記述がある。

三ヶ月間つづいてもなお運動の勢いが衰えず、日本の正規軍の投入が目前に迫ると、李完用は新聞をとおし三回にわたって独立運動を中止するように懇々と訴えた。(中略)一部でけなす人もいるが、朝鮮人に絶大な影響力をもち、心からの尊敬を受けていた李完用の呼びかけによって、六月初め三・一運動は軍隊による鎮圧なしに平和裡に終結した。


ちなみに「きっかけを作った宗教指導者らは、孫秉熙(ソンビョンヒ、天道教の教主)ら8名が懲役3年、崔南善(チェナムソン)ら6名が懲役2年6ヶ月の刑を受け、残る者は訓戒処分または執行猶予などで釈放されている」とのことだから、総督府は首謀者を厳しく裁いたわけじゃない。
そして「憲兵警察制度を廃止し、集会や言論、出版に一定の自由を認めるなど、朝鮮総督府による統治体制が武断的なものから文治的なものへと方針転換される契機となった」というんだから、話の流れは台湾統治と全く同じ。「反省」から「善」へだ。
もちろん、映像に出てきたような虐殺は行われていない。映像のような弾圧をされて、「次第に終息」するわけがない。


第二部に出てくるのが「731部隊」(映画では「石井部隊」と呼ばれている)。
劇中に出てくる人体実験は、毒ガスを5分吸わせて殺害、青酸カリを飲ませて殺害、5000Vの電流を食らわせて殺害・・・て、おい!どれもこれも実験じゃねーぞ(笑)。

たしか森村誠一の小説『悪魔の飽食』だと、「人間が入るほどの遠心分離器で体液を搾り出す。→全身骨折で死亡しても、凝血するだけで血液は出てこない」とか「注射針で体液を吸い出してミイラにする。→血液を他の液体と置換するのではなく、干からびるまで吸い出すのは現在の技術でも不可能である」とか「真空室にほうり込み、内臓が口、肛門、耳、目などからはみ出し破れる様子を記録映画に撮る。→宇宙開発での実験により、このようなことは起きない事がわかっている」じゃなかったか(笑)。

731部隊の「人体実験」や「細菌戦」に関しては、万人が認められるレベルの証拠はないとぼくは聞いている。2007年にアメリカが公開した機密文書にも、「細菌戦を研究」以上の事実は記載されていなかったそうだ(「米情報機関、対日機密文書10万ページ分を公開」)。731部隊の悪行の証拠は、例によって「証言」ばかりで物証がないわけだ。

毎度のことだが、日本軍がやったというなら、そっちの立場が証拠を挙げなければならない話。
たとえば『戦争と人間』でも描かれている「張作霖爆殺事件」だが、日本側には主犯を実子の張学良だとする説もある。『真実の中国史』(宮脇淳子・2011年)によると、最近になって加藤康男氏がその証拠を見つけた場所は、ロンドンのイギリス公文書館だったそうだ。必死になって探せば何らかの証拠は出てくるという好例だろう。


さて、こうしてみると『戦争と人間』がもったいぶって取り上げる、おどろおどろしい日本軍の悪行は、実はどれもこれもが先入観に満ちた一方的な見方であり、史実というよりイメージ優先のプロパガンダとみたほうが良い気がしてくる。少なくとも、信用には値しない。
ならば次はどうだろう。

12月13日南京占領。国民政府は首都を漢口に移した。世界史上に類例を見ない悪夢のような大事件は、この直後に引き起こされたのである。日本軍による言語に絶する大量虐殺は、一ヶ月にわたって続けられた。殺戮された中国人の数は、実に30万人を超えると伝えられる。(『戦争と人間』第3部より)


これまで散々怪しげな話を聞かされてきて、いや、これだけは信用できるという人も珍しいのではないか?
映像には「証拠」とされる写真が多数出てくるが、それらは『南京事件「証拠写真」を検証する』(2005年)などの本で、今では「証拠」として通用しないことが明らかにされている。そしてここでも「証拠」は、証言ばかりだ。

念のため、「南京事件の真実を検証する会」が2008年に制作した『胡錦涛国家主席への公開質問状』を引用しておく。南京事件への疑問が分かりやすく整理されていると思う。なお出典は『2/3【討論!】南京の虚構を暴く![桜H24/3/17]』という動画。

①中国共産党の毛沢東は、生涯で一度も「南京虐殺」に言及していない。

②国民党国際宣伝処の極秘資料によれば、1937年12月1日から1938年の10月24日までの間に、漢口で300回の記者会見を行ったが、ただの一度も南京における「市民虐殺」「捕虜の不法殺害」を述べていない。

③南京の人口は日本軍の占領直前20万人で、その後も20万人を維持し、占領1ヶ月後には25万人と記録されている。30万人虐殺はありえない。

④安全区を管理した欧米人の国際委員会の記録『Documents of the Nanking safety zone』によれば、殺人は26件で、直接目撃されたものは1件のみであり、その1件には合法殺害と注記されている。

⑤南京虐殺の証拠写真とされるものの中には、ただの一点も証拠価値のあるものが存在しないことが、科学的研究によって明らかにされている。



・・・しかし、70〜73年当時に、劇場で『戦争と人間』をみちゃったら、信じてしまっても仕方ないかもしれない。団塊世代だと25才くらいか・・・。
案外この映画が、秘かに歴史観のベースになってる人もいるかもしれない。当時の研究レベルでは仕方ない面があるからプロパガンダ映画とまでは言わないが、今後顧みられることが少ない残念な映画のひとつだと思う。

※なお、『ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実』(水間政憲・PHP研究所)という本には、南京占領当時の写真がたくさん掲載されている。30万人殺したってことは、そこに写っている笑顔の中国人たちはみな幽霊で、写真はぜんぶ心霊写真ということになるな(笑)。

つづく

映画『東京裁判』(1983) 〜南京事件

nanking

東京裁判』は1983年公開の記録映画。
ペンタゴン秘蔵の貴重な記録フィルムが使われたそうだが、トータル277分のなかで2箇所、「創作」で表現されている部分がある。
ひとつはソ連による「シベリア抑留」で、理由は分からないが数枚のイラストのスライドショーで構成されている。だがその映像は、まさにアメリカとソ連の両代表がその件で争っている場面で流れているので、抑留の事実が揺らぐような話ではない。

ではもうひとつは何かと言うと、・・・南京事件だ。
やれやれ、またかよ!と言われそうだが、ぼくもそう思う。
どういうわけか、ここだけが『中国之怒吼』という、国民政府がつくった「プロパガンダ映画」でできている(テロップにも堂々と「映画」と出ている)。

それについて渡部昇一から「やらせ」を指摘され、小林監督は「確かに、あれは中国・国民政府が南京事件を告発するためにつくった映画のフィルムであり、いわゆるやらせがかなり多いことも、最初からわかっていました」と述べる一件も起こっている。(Wikipedia 中国之怒吼)

だってさ。
ちなみに、同じく「虐待行為」とされる「ホロコースト」や「バターン死の行進」は、ちゃんと記録映像から編集されている。


ところでその「南京大虐殺」、言いだしたのが中華民国(蒋介石)だったのは確かだが、利用したのは東京裁判での連合国側だ。映画『東京裁判』から起訴状のナレーションを聞けば、その意図は容易に分かる。

東條以下28名の被告たちは、ひとつの共同謀議に加わっており、その目的は侵略による世界支配であり、その目的のため通常の戦争犯罪の他、平和に対する犯罪、および、人道に反する犯罪を犯し、あるいは犯すことを奨励したと断じた。(声:佐藤慶)

2008年発刊の『日中戦争 戦争を望んだ中国 望まなかった日本』(北村稔・林思雲 PHP研究所)には、欧州で「侵略戦争」が「戦争犯罪」に見なされていく過程が詳細に記されているが、結局のところそれは国際法理論の発展によるものではなく、「ドイツ敗北後に強制収容所の実態が判明し、ドイツの戦争遂行とユダヤ人虐殺が表裏一体であった事実がもたらした衝撃の結果」だそうだ。

となれば、ドイツを裁くのと同じやり方で日本を裁こうとすれば、日本の指導者による計画的な「世界支配」が「共同謀議」されていなければならず(平和に対する罪)、ナチの強制収容所に匹敵する「虐殺」(人道に対する罪)がなければならない。
もっと具体的には「その戦争目的は、外国の国民を奴隷化し、これらの国民の文明を破壊し、さらには人種、政治姿勢、宗教に基づき、これらの国民のかなりの部分を肉体的に絶滅することである」(チェコの亡命政権の法律顧問、エチェルによる提起)。

まぁ「共同謀議」(A級戦犯)については、恥ずかしながら当時の指導層はてんでバラバラ、陸軍と海軍は反目し、北を攻めるか南を攻めるかもハッキリ決まらず、ただズルズルと戦線を伸ばすばかりの行き当たりばったり。「共同謀議」なんて立派なことは、到底できない情けなさだ。
では「虐殺」(C級戦犯)の方はと言えば、実態はこうだ。

 1937年の日中戦争開始後の南京占領時(37年12月)にも、日本軍は二週間をへずして南京在住の中国人たちを組織して南京自治委員会を作り上げた。そして占領一ヶ月後の<1938年1月中旬>には、大量の米と小麦を南京住民に配給していた。
 この事実は、日本軍占領時に南京の住民を保護した人物と讃えられるドイツ人ラーベが、1月14日付で日本大使館に提出した報告書に明らかである。日本軍の南京占領には「外国の国民を奴隷化する」目的などは、全く存在していなかった。
 ラーベの報告書は、1939年に中華民国国民政府が戦時対外宣伝の印刷物として発行した『南京安全区档案』に収録されており、信憑性は揺るがない。ところが8年後の東京と南京での戦犯法廷の判決書では、南京市内で米と小麦が配給された<1938年1月中旬>は「南京大虐殺」の真っ最中であったとされている。(『日中戦争 戦争を望んだ中国 望まなかった日本』)

北村先生が「ナチスドイツのとばっちり」と言われる通り、「南京大虐殺」を必要としたのはアメリカを中心とした連合国の総意だ。だからこの件については、日本の味方はどこにもいないと肝に銘じるべきだろう。
そして言うまでもなく最大の敵は、日本人でありながら日本の敵に回ろうとする不思議な人たちだ。これ以上そういう人を増やしてはならないし、一人一殺の覚悟で臨めば、その数は年々減らしていけるだろう。

・・・鳩山には困ったもんだ・・・。

つづく

『日中戦争 戦争を望んだ中国 望まなかった日本』

books

前回の記事で引用した『日中戦争 戦争を望んだ中国 望まなかった日本』(北村稔・林思雲 PHP研究所)を使って、もう少々お勉強タイムを続けたい。
そもそも「侵略戦争」とは何か?

<侵略戦争>と訳される英語の agressive war の agressive は、「先に手を出す、進んで仕掛ける、先制攻撃をする」の意であり、戦争の開始状況を形容するだけで、戦争自体に<侵略、征服>という倫理判断に基づく「悪」の性格を付与する言葉ではなかった。

だから、1944年9月末の戦争犯罪委員会の答申の多数意見は、「侵略戦争は戦争犯罪ではない」というものだった。それが逆転したのが、委員会での審議による国際法理論の発展によるものではなく、ナチスの強制収容所の実態が判明したためだったことは前回も引用した。

”ナチスドイツがユダヤ人にしたこと”が戦争犯罪で、通常の戦闘行為が戦争犯罪でないのは、東京裁判以降、どの国もその件では裁かれていないことからも明らかだろう。朝鮮戦争にもベトナム戦争にも湾岸戦争にも、「戦争犯罪」は存在しない(ということになる)。

と、基本を押さえて先に進む。
この本の第二章「日中戦争と中国」は、南京大学を卒業した中国人の林思雲氏の執筆による。そこで展開されたのは、「日中戦争開始前の中国では日本に対する主戦論が圧倒的に優勢で、農民を除く都市の住民は日本との戦争を熱望し、勝利を確信していた」という事実だ。

 実際には当時の日本は、決して戦争の方向をコントロールしていなかった。中国側において自発的に日本と戦おうとする意思が高まっている状況では、たとえ日本が拡大したくなくとも、中国側は日本と全面戦争を開始したであろう。
 事実として、日中間の大規模な戦争が開始された本当の発端は、1937年の8月13日に発生した第二次上海事変である。そしてこの戦闘は、正しく中国側から仕掛けたのである(この日、蒋介石は上海に駐屯していた五千人余りの日本海軍特別陸戦隊に対する総攻撃を命令した)。
 日中戦争が拡大した真の原因を言うとすれば、それは世論に煽動された双方の民衆の仇敵意識であると言わねばならない。1937年7月29日には、通州事件が発生した(日本の傀儡政権である冀東防共自治政府の中国人保安隊が反乱を起こし、首都の通州にいた二百数十人の日本の民間人を惨殺した)。


・・・どうみても、中国の態度は(ユダヤ人のような)憐れで気の毒な弱者って感じではないな。やる気満々だったとしか読めない。
実際、客観的に経過を追えば、盧溝橋事件で明らかなように、挑発してくるのはいつも中国側で、それにズルズル引きずられていくのが日本側。
世界的に有名な「通州事件」以外にも、「中山水兵射殺事件」「成都事件」「北海事件」など吹き荒れる抗日テロの嵐では民間人も殺される。向こうに「抗日」の空気あれば、こっちには「懲中」(中国を懲らしめる)の空気ありだ。
これではナチスとユダヤ人の関係を、日本と中国に当てはめるのは無理があると言わざるを得ない。語源である agressive からすれば、どっちが「侵略」しているのか分からなくなる。


当時の中国が、「憐れで気の毒な弱者」ではなかったことは、別の本からも分かる。
日中戦争はドイツが仕組んだ 上海戦とドイツ軍事顧問団のナゾ』(阿羅健一 2008年 小学館)にはタイトルのとおり、中国軍に武器を供与して訓練を指導してきたドイツ軍事顧問団の詳細が記されている。1936年の統計によると、ドイツの武器輸出先の第一位は中国で、57.5%だそうだ(2位はブルガリアで10.5%)。ドイツは中国のタングステンなどの原材料が欲しく、中国はドイツの武器が欲しいというバーター貿易で、日本は当然ドイツに抗議を入れるが聞き入れられない。

要は、ドイツにとっては日独防共協定よりも中国との貿易が重要で、武器のサービスの軍事教練で強化された中国軍に日本人が何人殺されようが、何とも思ってないってことだ。戦後よく言われた「つぎはイタリア抜きで」なんてジョークは、マヌケな日本人へのリップサービスでしかないのだろう。『宇宙戦艦ヤマト』でヤマトはナチスドイツをモデルにしたガミラス軍と戦うが、日中戦争の復讐だと考えれば筋が通る。

既にこのとき、これまで練度の低かった中国軍は、大きな変身を遂げていた。彼らは、ドイツ製の鉄帽を被り、ドイツ製のモーゼルM98歩兵銃を手にしていた。同歩兵銃は、日本の口径6.5ミリの三八式歩兵銃と違って、7.92ミリもある。さらに、当時世界一といわれたチェコ製の軽機関銃も持っていた。火力においては日本軍をはるかに上回っていた。

この中国のやる気はどうだ。
そしてその最新鋭の火力で、自信満々の「先制攻撃」をしてきたのが第二次上海事変というわけだ。

・・・それにしても、ナチスが日本より中国を重視していた事実があまり有名ではないのは不思議だが、その件についての北村先生の説はこうだ。

 この理由を考えてみると、「日本のファシズム」を抗日戦争により打倒したと主張する国民党には、「日本のファシズム」の盟友で「歴史の罪人」となったナチス・ドイツとの親密な関係は、第二次大戦後には触れてはいけない過去なのである。
 さらにまた、日本における日中戦争研究では、「日本の侵略戦争」を批判することが大前提である。そしてこの大前提に立つ限り、「日本の侵略戦争」と戦った中国の国民政府がナチス・ドイツの軍需産業の発展に大きな貢献を行い、この軍需産業がナチス・ドイツのヨーロッパ侵攻の原動力となった事実は、説明できない歴史の皮肉であった。

ナチス=日本ではない。ナチス=中国が実態だったというわけか。


おまけとして、ドイツの戦時賠償について、こんな一文を引用しておく。

 はっきり言おう。ドイツが潤沢な戦時賠償金を支払い、日本が渋ってきたという、韓国や中国、そして一部の日本人の主張は、まったく正しくない。賠償金を律儀に払ったのは日本で、ドイツは払ってない。ドイツが払ったのは、絶滅収容所で強制労働をさせた人、あるいは生体実験に使った人など、つまり、ナチ特有の「ホロコースト」の犠牲者に対しての賠償であり、ドイツはこれを、道義的な義務感から払ったと主張している。国家間の条約で決めて履行する戦時賠償とは別物だ。都市の破壊や村ごとの虐殺など、ドイツの正規軍が働いた不正に対する戦時賠償は、ドイツは一切支払っていない。(『日本はもうドイツに学ばない?』(川口マーン恵美 徳間書店 2009年)



以上、引用ばかりでろくな説明もない記事だが、詳しくは本を買って読んで下さい。
それにしても、国民の「仇敵意識」を煽り、さかんに「挑発」してくる中国って、今となんも変わらんな。

つづく

「怪獣使いの遺産」ーウルトラマンメビウス

怪獣使いの遺産

2006年に放映された『ウルトラマンメビウス』の第32話は「怪獣使いの遺産」。
ぼくらが幼少期にみた「怪獣使いと少年」の後日談だ。

(大ざっぱなあらすじ)
30年前に地球人に父を殺されたメイツ星人のビオは、宇宙船に怪獣ゾアムルチを積んで地球へやってくると、賠償として「地球の大陸部の20%の割譲」を要求してきた。防衛隊のGUYSは当然これを拒否、両者は戦闘状態に突入した。

子どもたちのやさしさも、話し合おうというミライ(ウルトラマンメビウス)の声も、頑ななビオの心には届かない。「我らの痛みを思い知れ」と叫び、いよいよ戦闘は一般市民を巻き込む市街戦に発展してしまう。
ここでビオに語りかけたのが、「あの少年」を知る女性だった。

あの頃、メイツ星人(金山)と親子のように暮らしていた佐久間少年は、金山が殺害されたあとも、円盤を探して河川敷を掘り返し続けていた。それはいつの日かメイツ星へ赴いて、彼らと友好を交わすためだった。
少女時代に少年と知り合い、異星人間の深い友情に感銘を受けたその女性は、ビオの父が地球の子供に残した「愛情という遺産」を伝えるため、今は保育園の経営をしているのだった。

はじめて父の心を知ったビオは煩悶するが、結局は地球人への憎しみの心を消すことが出来なかった。GUYS隊員の差し出す右手に首を振ると、「握手は父の遺産が咲かせた花を、見届けてからにしよう」と言って、メイツ星へと帰って行った。


特に説明はいらないと思うが、ここで描かれているものこそが「歴史認識」問題の本質だと言えるだろう。ビオは、父親が地球人に殺されたことだけは知っていたが、父がどんな思いで地球で暮らしていたかは知らなかった。ビオは父の、半分だけしか理解していなかった。

もしもビオが30年前に、父の周りで起きたことの全てを知っていたら、彼が地球に復讐しに来ることはなかっただろう。反対に、父が残した「遺産」が地球人に広まるための運動に協力したかもしれない。
「歴史」を正しく捉えることが本当の友好の第一歩だと、子どもたちに教えているのが「怪獣使いの遺産」だとぼくは思う。


※ 歴史を知るための参考記事
2013年3月8日衆議院予算委員会 質疑の動画です。:中山なりあき オフィシャルブログ
【質疑の要旨】(教育問題は38分あたりから)

①朝鮮半島の社会インフラ(鉄道・地下鉄・鉄橋・学校など)は、統治時代の日本が作った。日本は朝鮮を「植民地」扱いはしていなかった。

②「創氏改名」は希望制であって、強制はされなかった。

③「従軍慰安婦」に官権の関与はなかった。知事の全員、地方議員の8割、警察上層部がみな朝鮮人という体制の中で、強制連行は不可能だった。

④尖閣諸島は日本固有の領土である。

といった歴史の真実が、当時の写真や新聞記事などの、証拠となりうる資料を提示しながら説明されている。

つづく

映画『大日本帝国』(1982)ー左翼がはじめた戦争

tojo

しばしウルトラで和んだ後は、お勉強タイムの再開だ。

1982年に公開された映画『大日本帝国』は、さすがは東映の配給といった感じの左翼くさい映画だが、日米開戦のあたりは割りと公平な印象がある。まず、首相になって昭和天皇の大御心(おおみごころ)を知った東條英機が、戦争強硬派から和平論者にかわったことが描かれている。さらに、日本に先制攻撃をさせる方法に苦慮するルーズベルト大統領が登場し、「ハルノート」の過酷さにも触れている。

その上で、開戦決定の御前会議にはこんなナレーションが入る。
「戦前の旧帝国憲法では御前会議での天皇の発言を禁じており、この日も内閣の決議事項に対して天皇は一言の発言もなく裁可した」
その夜、昭和天皇の大御心に沿えなかった東條は、自宅でひとり、むせび泣くのだった・・・。


・・・映画からは、東條が昭和天皇の意思を現すべく、和平論者へ転身したことが分かる。御前会議には天皇の発言権がないことも分かる。
ならば、あの戦争を始めた張本人、真の「戦争責任」があるのは一体誰なんだ??
2010年に復刊された「幻の奇書」、『近衛文麿の戦争責任』(中川八洋 PHP研究所)はその犯人を、ずばり近衛文麿だと断じている。

中川先生はまず、戦後、左翼勢力によって広められた「15年戦争」という考えを明確に否定する。
「満洲事変と満洲国の建国とは、アジアの平和に無限に貢献する」が、支那事変から日本の敗戦にいたる8年は、「アジアの平和にとって弊害おびたたしい」。つまり、支那事変を分岐点にして、日本は本来の国家目標から逸れてしまい、破滅の道に突き進んだというのが先生の説だ。

本の年表をみると、たしかに「北支四ヶ師団派兵」で支那事変(日中戦争)を本格化させたのも近衛だし、「蒋介石を対手とせず」で和平交渉を自ら封印し、「新東亜秩序」声明で日中戦争の永久化を宣言したのも近衛。
「大東亜共栄圏」で英米を刺激し、「日独伊三国同盟」で将来の対英米戦を広言、背後の安全のためにと「日ソ中立条約」を結ぶと、1941年7月の御前会議で「対英米戦を辞さず」「ソ連に侵攻せず」を取り決め、「南部仏印進駐」で実質的な開戦に踏み切り、9月6日の御前会議で「対英米戦を決意」して辞職・・・。

中川先生が「東條英機は、近衛が敷いたレールの上を走った、近衛文麿の影武者に過ぎなかった」と書かれているように、たしかに近衛首相の行動は、日本を日中戦争の泥沼から抜け出せないようにしつつ、英米と戦わせようとしているように思えてくる。
しかし近衛家といえば五摂家筆頭の家柄で、皇室との関係は深い。近衛文麿自身、後陽成天皇の12世孫に当たるというじゃないか。
そんな人が、どうして日本を裏切らなくてはならないんだ?

それは、近衛文麿が熱烈な共産主義者だったから、らしい。
近衛はそれを、わざわざ再受験して入学した京都帝大(法科)で、『貧乏物語』で有名な「当代随一の共産主義者の河上肇」から学んだそうだ。在学中に発表した論文では、「私有財産制の否定」と「社会主義の実現」を熱弁しているとか。

そういえば、2003年に公開された映画『スパイ・ゾルゲ』(監督・篠田正浩)のなかで、朝日新聞の尾崎秀美西園寺公一犬養健の手引きで近衛文麿の側近になっていくシーンがあったが、近衛をのぞく3人は後に「ゾルゲ事件」で全員逮捕されている。映画とは関係ないが、近衛の政策研究団体の「昭和研究会」の有力メンバーが、左翼活動の嫌疑で逮捕された「企画院事件」というのもある。こんだけ周囲にマルキスト、コミュニストがいて、近衛だけが違うってのも、ちょっと考えにくい。

ま、その真偽はさておいて話を進めると、近衛グループが日米開戦に向けて日本を動かした理由は三つだ。
①ソ連の防衛
②英米をアジアから追放
③日本の共産化

実のところ、敗戦というショックドクトリンによって日本を共産化しようとする近衛の意思は、すでに一部が達成されていた。1938年の「国家総動員法」と1940年の「大政翼賛会」は、要は「計画経済」と「一党独裁」のひな形で、前者については「電力国家管理法」と合わせてスターリンの「第一次五カ年計画」の模倣だと、この本には書いてある。

一説によると「太平洋戦争」の勝者はアメリカではない、という話もあるそうだが、たしかに戦後のアジアには、それまでは存在していなかった社会主義・共産主義の国がたくさん誕生した。それが日本が明治以来の国家目標である対ロシア戦「北進」をやめ、日中戦争「南進」に拘泥したからだとすれば、日本は我知らずのうちにソビエトの勝利に加担したことになる。国民党政府を弱体化させ、敗戦時には中国共産党に大量の武器を残していったのも日本だ。

日本の共産主義者がはじめた戦争は、その目的の大半を成し遂げたということか。
だが残念ながら、東京裁判を怖れた近衛は自殺したので、真相は永遠に謎のままだ。


余談になるが、Wikipediaによると『大日本帝国』は公開当時「右翼映画」と言われたそうな。
80年代が、今では考えられないほどセンターラインが「左より」だった絶好の証拠になるな。

つづく

映画『226』(1989)ー右翼と左翼

226
最近、新しく「ネトウヨ」なんて左翼用語が誕生したようだが、日本では「右翼」と「保守」は一致しない概念だ(「左翼」と「革新」は一致する)。
前回の記事でも引用した『近衛文麿の戦争責任』(中川八洋 PHP研究所)から言葉を借りて、そこらへんを簡単に整理しておきたい。

戦後日本で「右翼」のイメージというと、天皇・愛国・軍服・日の丸・・・といった感じで、要は「昭和維新」を叫んで過激なテロが行われた「血盟団事件」とか「五・一五事件」「二・二六事件」、あるいは『国家改造』の北一輝や「日本主義」の大川周明といったイデオローグ、そんなとこだろう。
ではその思想とは如何なるものだったか。

1989年に公開された映画『226』(松竹)で、決起した陸軍青年将校はこう主張する。
天皇陛下ご親政のもとに(略)国民がこぞって公正平等の発展を遂げる
そのためには「側近政治の打倒」「財閥の解体」「農地解放」が必要だ、と。

これについての中川先生の解説はこうだ。

マルクス・レーニン主義の描く理想社会としての共産社会をもって、日本古代の理想上の、天皇を戴く「私有のない」平等で、和合一致の農民中心の共産社会が存在していたと空想し理念化してこれにおき替えれば、「一君万民」の社会とその体制としての「国体」が理想郷となる。


要するに、「昭和維新」やら「日本主義」やら「二・二六事件」の中味ってのは、言うなれば「天皇制社会主義」とか「天皇制共産主義」という感じで、バリバリの「左翼」というわけだ。共産党との違いは、皇室を廃止するかどうかだけ。

二・二六事件で死刑になった北一輝の『日本改造法案大綱』では、次のような「過激なる共産化革命」が主張されてるそうな。

華族制の廃止/天皇財産の国家下附(めしあげ)/私有財産限度(一家族百万円を上限、違反者の厳罰)/私有地限度(一家族時価額十万円を限度)/都市の土地市有制(私有の完全廃止)/私人生産業(=私企業)限度(資本金壱千万円を上限、すなわち大企業の全面国有化)/・・・・・・。


また、「日本社会主義研究所を設立」した大川周明については「日本共産党との相違は、日本という国家を重視して、ロシア共産党の支配を受けることやロシア共産党に奉仕することを拒否する点だけしかなかった」とのことだ。

これは当時のドイツも全く同じで、ナチス党とは「国家社会主義労働党」のことで、英米の自由主義経済とまっこう対立する社会主義政党だ。ドイツ共産党とナチスの違いは、ナチスはユートピアを「ドイツ千年王国」という純血ドイツ民族からなるコミューンにおき、共産党は共産主義者からなるコミューンにおくことにしかない、と本には書いてある。
毛沢東やホー・チ・ミン、チトー等に表れているように、民族主義と「左翼」の親和性は、実は高いとも。


もちろん、現在の感覚で、当時の農村出身の青年将校の抱いた政治の夢を批判するのは間違いだ。天皇のもとの万民平等だって、それでホントに平和にやっていけるなら悪くはない気もする。何しろ、まだマルクス主義の結果が答えとして出ていない時代なのだ。
問題は、それが後世に「ウソ」で語られていることだ。
 

戦後の日本は、左翼マスコミや左翼大学人らによる、戦争責任のすべてをかつての「共犯者」軍部に転嫁するための巨大な嘘宣伝(プロパガンダ)に洗脳されすぎて、社会主義者であるが故に当時すでに革新将校と呼ばれた彼らを、ありのままに正しく”左翼”とせず、「右翼」だと逆さにレッテル貼りする情報洗脳からいまだに洗浄されていない。
(※本では陸軍上層部の「共犯者」、共産主義者グループへの言及があるが、長くなるので割愛した)


「保守」と「革新」は対立する概念だが、「右翼」と「左翼」はそうではない。「右翼」は天皇ありの社会主義、「左翼」は天皇なしの社会主義で、いずれも根っ子は同じ。「左翼」のなかの「右」と「左」でしかない。
ゆえに「ネット右翼」を正確に定義するなら、ネット上で過激な愛国的発言をする皇室容認の左翼、ということになり、意味が分からん。いつものイメージ戦略で、むりやり「保守」を暴力と結びつけようとしているだけのことだろう。日本の「右傾化」・・・何それ?

なお、映画『226』は、豪華キャスト・豪華セットの割りには見所のない作品。二・二六関係なら高倉健の『動乱』の方が面白いと思う(記事タイトルに使ったので、一応感想らしきものを書いておかねば)。


つづく

アニメ『ジパング』 〜米内光政の自虐史観

ジパングの米内

このブログで今やってることは、ぼくら世代のおっさんから自虐史観を排除するための作業。そのため歴史通の方には「今さら」で、若い人には無意味に感じられる記事ばかりだが、十分自覚して書いてるので、ほっといてください(笑)。

さて、2004年から2005年にかけて、TBS系で放映されたアニメに、かわぐちかいじ原作の『ジパング』がある。
ストーリーはご存じの通り、太平洋上で姿を消したイージス艦「みらい」が1942年6月にタイムスリップする話。『戦国自衛隊』の海自バージョンのようなかんじだ。米空母ワスプをトマホークの一撃で撃沈するシーンとか、名場面多数。
そんな数々の死闘を乗り越え、満身創痍の「みらい」がようやく横須賀に寄港してくるのが第25話「帰還」。そこでクルーを単身出迎えたのが、元海軍大臣で海軍大将の米内光政だった。

米内光政を知らん人はいないと思うが、鎮守府司令長官、連合艦隊司令長官、海軍大臣、内閣総理大臣などを歴任した、トンデモなく偉い人。井上成美、山本五十六とともに海軍内のリベラル派として知られ、三国同盟に反対。「みらい」艦内随一の歴史オタク、柳一曹がいうように「終戦の処理と海軍の幕引きに尽力した」。

そんな米内は、みらいに乗り込んで艦長の梅津と面会してみらい側の要求を聞くと、続いてこんな趣旨の発言をはじめる。
「日本人が帝国主義などと、100年早いとぼくは思っている」
「日本国100年の計にとって、この戦争、勝ってはならんのです。どれほどの犠牲を払ってでも」
「敗戦という現実でしか、その目は醒めないとぼくは思う」
「残念ながら日本人は、我が手で我が身を切り裂き、血を流してでも膿を出し切れるほど強くはない。だからこそ外圧という力をいつの時代も利用してきたのです」



・・・むむ、これって相当な「自虐史観」だぞ。
負けて膿を出せと。そのためには、どんな犠牲も払うしかないと。
それは日本人が、心の「弱い」民族だから仕方ないんだと。

実は劇中のこれらの発言には、その直前に柳一曹が「終戦に尽力した」人物だと2回も言うおかげで、米内にはそう言うだけの資格があり、尚かつそれは正しい道なのだと誘導しようという意思が感じられる。なぜなら、戦争を終わらせたのが米内なら、戦争を始めたのも米内だという事実のうちの、後者だけがスルーされているからだ。
中川八洋先生の『山本五十六の大罪』(2008年 弓立社)から、米内光政が海軍大臣としてとった行動を列挙してみる。

・1937年の閣議で、閣僚ではじめて「南京占領」を口にし、外務大臣や陸軍大臣の反対を押し切って上海戦を推進した(日中戦争を本格化させた)。

・「蒋介石を対手とせず」の発表に際し、反対する陸軍参謀次長を「内閣総辞職」で恫喝して黙らせ、中国側との交渉を決裂させた(日中戦争の永久化)。

・事実上の対英米宣戦布告を意味する「海南島占領」を、五相会議の場で国策にする。

・1945年4月まで残存艦艇の実数を隠蔽し、米国との早期講和論を封じた。

・神風特攻隊、人間魚雷、人間爆弾を推進。

・・・何なの?この人。
前々回の記事では、同じく中川先生の『近衛文麿の戦争責任』から、大東亜戦争の戦争責任者を近衛文麿だとする説を引用したが、こっちの本だと、それを実際に実行した軍人は米内光政だと読むしかない。

たしかに、アニメでの米内の自虐的発言は「創作」だ。
だが、そう言わせるだけの元ネタがある。敗戦間際の8月12日、米内は腹心の高木少将にこんなことを言ったそうだ。

私は言葉は不適当と思うが、原子爆弾やソ連の参戦は、或る意味では天佑だ。国内情勢で戦をやめるということを出さなくて済む。

(『米内光政と山本五十六は愚将だった』三村文男 テーミス より引用)

三村氏はかつての東郷大将の例をあげて、「天佑」とは「軍人ならば大敵を仆した時に、神への感謝の気持ちから発する」言葉であり、日本の大敗を目前とした時期に使うことは「明瞭に売国奴の言葉である」と断じている。広島や長崎に行って、同じことを言ってみろと。

米内の発言を聞いて、もしかしたら思い起こす人もあるかも知れないのが、2005年に大ヒットした映画『男たちの大和/YAMATO』(東映)の中で、長嶋一茂演じる臼淵磐大尉のこのセリフだ。
「破れて目覚める、それ以外に日本が救われる道はない。俺たちは日本が生まれ変わるために、その先駆けとして散る。まさに本望じゃないか」。

敗北を受け入れ、そこからの再起に賭けるという意味では、臼淵と米内の発言は似ている。だがその立場は、片や死にゆく者の願い、片や死に追いやった者の傲慢であって、180度異なる。自分で開戦のトリガーを引いておいて、「終戦の処理」がそんなに偉いのか。その手で多くの若い命を犠牲にしておいて、未来に賭ける資格がどこにあるんだよ。

東京裁判史観に支配される戦後日本では、沈黙を守るしかない陸軍を尻目に「海軍善玉論」が大いに吹聴されたそうな。その代表格の阿川弘之氏の名を取って「阿川史観」とも言うそうな。海軍は自由でリベラルで平和主義でかっこいい。陸軍はその反対でダサい。簡単に言えばそんなとこだろうが、それは所詮はイメージでしかない。韓国人や中国人の歴史認識を笑う前に、ぼくらも自分の国の歴史を洗い直す必要があるのかも知れない。

つづく

聯合艦隊司令長官『山本五十六の大罪』

山本五十六

ぼくの知る限りでは、今のところ史上最後の反日反戦映画は『きけ、わだつみの声 Last Friends』(1995年 東映)だ。そのラスト近く、懲役拒否で逃走したものの憲兵隊に捕まって拷問を受けた青年、鶴谷(緒形直人)は叫ぶ。
誰がこんな戦争を始めたんだ! 誰が俺たちの仲間を戦場へ連れて行ったんだ!!

鶴谷の第一の疑問については、どうも近衛文麿米内光政が怪しい・・・というのが前回までの話。では第2の方はと言えば、それは山本五十六だ、というのが中川説だ。

 山本五十六とは、決して戦場に出撃しない、現場指揮はとらない、安全圏にいて自分の命を惜しむ、”卑怯”の二文字を絵に描いた、史上最低の高級軍人だった。(『山本五十六の大罪中川八洋 弓立社)


なるほど、日本の歴史で名将と言われる人物は、源義経にしろ織田信長にしろ東郷平八郎にしろ、みな最前線で指揮をとったもんだ。しかし山本五十六は、ミッドウェイ海戦で「空母四隻の前方2㎞にいるべき山本の大和が、あろうことか、この空母四隻よりはるか後方540kmに逃亡=職場放棄していた」。

やってみせ、言ってきかせて、させてみて、 誉めてやらねば人は動かじ
は山本の名言だそうだが、言ってることとやってることが違うのではないか?

 ミッドウェー海戦の敗因は、山本五十六を庇うために奥宮正武らが考案した、弁解用の創り話「魔の五分間」などでは、もちろんない。最大の主因は、軍人にあるまじきレベルの、”山本五十六の怯懦”(臆病)にある。
(中略)
 ”山本五十六の怯懦”とは、山本が命を惜しんで、戦艦「大和」の通信傍受隊が敵空母の位置を一日以上も前にキャッチしているのに、それを南雲提督が率いる機動部隊に知らせなかった事件である。”無線封鎖”を解けば、自分が乗艦している「大和」の位置を敵に知られて攻撃される可能性があると、山本は、自分の命大事と戦々恐々して、それを避けたのである。(同)


ぼくは昔、光栄の『提督の決断Ⅲ』という歴史シミュレーションゲームにハマったことがあるが、日本海軍で「ミッドウェー海戦」に勝つのは難しい作業ではなかった。要は、後方の主力部隊を全力で前進させ、機動部隊の援護に回せばいいだけ。そうすれば我が軍は空母8(米軍は3)戦艦11(米ゼロ)巡洋艦28(米8)という圧倒的な戦力差になって、負けるわけがない。

だがもちろん、ヘボな用兵で虎の子の主力空母4隻を失ったことだけで、山本五十六に「大罪」があるというのは酷だろう。問題になるのは、ミッドウェーの大敗北が「隠蔽」されたことだ。

ミッドウェー海戦の大敗北が国民に知れるのを恐れた山本五十六は、このとき生き残った最後の第一級の海軍パイロットたちを休養のための下艦すらさせることなく次から次へと新しい戦場に送り戦死させ口封じをすることを計画し、それを実行した。このミッドウェー海戦の敗北を政府全体が知っていたら早期講和が決断された可能性もあり、「山本五十六の犯罪」の害は量り知れない。
(『近衛文麿の戦争責任』)

この海軍の嘘情報で、日本は戦争全体の合理的・有効な作戦立案そのものが不可能になったのに、海軍がそれを気にした様子はない。
(『山本五十六の大罪』)


2011年に公開された映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』(東映)をみて、日本語を解する欧米人なら大半の人が驚くであろう点は、ミッドウェイであれだけの大敗をした人物が何の責任も問われずに、引き続き同じポストに留まっていることだろう。ぼくらはごく最近、「誰も責任を取らない人たち」として、民主党政権や東京電力といった組織を目の当たりにしたもんだが、その日本の伝統は、すでに日本海軍から始まっていたようだ。

もしもこのとき山本が引責辞任すれば、「なぜ?」の声からやがては海軍の大敗北が明るみに出たはずだ。そうすれば、早晩訪れる戦力の大逆転が問題になり、「早期講和」という(本来)山本が願った方向へと舵が切られた可能性は高い。
ならば「学徒出陣」や「東京大空襲」や「ひめゆり」や「原爆」や、その後の日本を襲ったありとあらゆる悲劇のスタートは、このミッドウェイ敗戦の「隠蔽」にあったことになる。「敗北」自体ではなく、その「隠蔽」にだ。

 米内ら海軍が、昭和天皇に残存艦艇の実数を初めてほぼ正しく報告したのは、1945年4月、沖縄戦に戦艦「大和」が特攻出撃する直前であった。
(『山本五十六の大罪』)


・・・映画だと、役所広司がいかにも理想の上司っぽく演じてるが、実際の五十六さんは、そんなに良い人でもないらしい。ミッドウェイの敗戦の後、五十六さんが考えたのが「特殊潜行艇」1000隻による攻撃だったらしいが、呉工廠の朝熊水雷部長が「本体はともかく1年半では魚雷と発射管が間に合わない」と答えると、あっさり「頭部爆装でよい」と言ったそうな。
つまりは、若者2000人の命を武器にした「特攻作戦」だ。

自分の知らない命に対する想像力の欠如・・・。
これまた先の原発事故で散々見せられた日本人の一側面だが、その手の人に偉くなられるのはマジで国民の不幸だ。いや、別に枝野や菅直人のことを指してるわけじゃないんだが・・・。

つづく


【2015年4月20日追記】
この記事で取り上げた「中川本」に対して、K・Iさんという方から批判のメールを頂いたので、全文を掲載する。

中川八洋氏のその本は私も知っています。残念ながら、殆どデタラメか何の根拠もない与太話の掻き集めです。中川は意図的にか、どうか知りませんが、何の検証もせずに掲載して、批判のネタの材料にしてるだけです。
隠蔽は大本営(軍令部)と海軍省が行なったものです。海戦直後にもう隠蔽の処置を指示しています。連合艦隊からは正確な数字を報告しています。また、特攻兵器の件も中川本は事実ではありません。これは「海軍省の山本某という課長が人間魚雷の試作を3基作れ」といったのを、又聞きした誰かが「山本長官が千基作れ」と言ったと勘違いしてふれ回ったもの。また、山本長官はひそかに海軍大臣に辞任を申し出ていたが、他に適任者がない、という理由で却下されています。
はっきり言いますが、中川氏のこの本は殆どウソというべきものです。
ひどいものです。


おそらくK・Iさんの指摘は事実なのだろう。確かに中川本は山本五十六憎しの思いが強すぎるように感じる。だがそれでも、山本五十六が敗北の責任を取ってない(辞任してない)のも事実だし、特攻を容認していたことも事実だ。「山本五十六は映画の主役を張れるほどのヒーローだったのか?」というぼくの疑念は、いまも氷解していない。

例えば、経済評論家の上念司さんは、真珠湾攻撃を「愚策」といい、山本五十六を「無能」という。

 それは「フィリピン沖で日米決戦」という日本海軍が何十年もシミュレーションして準備してきた必勝プランを捨てる無謀なギャンブルでした。多くの参謀に反対されたにもかかわらず、山本が辞任をチラつかせて無理やり強行した愚策です。
 (中略)アメリカ艦船が大量に沈めば、戦死者が数千人単位で出てくることになります。
 当時の日本海軍の砲弾命中率は「アメリカ海軍の3倍」と言われています。(中略)最悪引き分けたとしても、大量の戦死者が出ればアメリカ国内で一気に厭戦ムードが広まります。
 しかもフィリピンは植民地でありアメリカの領土ですらありません。
 (中略)ところが、無能な山本五十六はわざわざ真珠湾まで出かけて行って、占領もせず帰ってきました。しかも、日本海軍の手のうちを全部見せて「航空作戦」の重要性をアメリカにわざわざ教え、アメリカ人のやる気にまで火をつけてしまいました。(『経済で読み解く大東亜戦争』2015年/KKベストセラーズ)



また、保守論客の重鎮として知られる日下公人さんは、山本五十六が指揮した昭和17年10月のガダルカナル島艦砲射撃を、「スタンドプレー」「やったふり」と評している。要するに、陸軍に対して海軍のメンツを保つだけのために、膨大な砲弾を無駄に撃ち込んだ愚策。「山本五十六は本気で戦争していない。陸軍と戦争している」と日下さんは言う。

 そこで山本五十六は、もう一回やれという指令を出す。彼は効果がないことを知っている。部下も大反対している。それでも中止にはしない。天皇陛下のところに第二回をやりますと報告すると、同じことを二度して大丈夫かと聞かれるが、大丈夫ですと答えるところは無責任である。
 はたして大丈夫ではなく、敵は待ち構えているから、たちまち発見されて戦艦が一隻沈んでしまった。行かされた戦艦の乗組員の身になってみろと言いたい。山本のスタンドプレーのために出されて戦死したのである。ところが、そういうことを海軍の軍人はいまだにひた隠しにしている。山本五十六をかばい、自分たち全員をかばっている。せっかく国民に人気が高いのだから、わざわざ言うことはないということらしい。(『人間はなぜ戦争をするのか』1996年/クレスト社)


詳しいことは本で読んでいただきたいが、少なくともガダルカナル島艦砲射撃は山本五十六が「国益より省益を優先」した戦闘であって、そんなくだらない時間つぶしをしてるうちに、アメリカは東京大空襲や原爆投下の準備をしてたというわけだ。
最近では同じく「国益より省益を優先」した結果、消費増税が決定したが、国をおかしくする原因はいつも同じということなんだろう。

映画『ムルデカ 17805』(2001)〜インドネシア独立

peta

前回前々回の記事でみたように、いわゆる「海軍善玉論」なんてのは相当に怪しい議論で、一種のプロパガンダにさえ思えてくる。それが何で戦後日本で広く通用したかと言えば、やはり東京裁判史観の文脈と一致したからだろう。すなわち、海軍は単純に戦闘行為を行っただけで、「侵略」には加担していないんだと。「悪」は侵略行為に走った陸軍で、だからあそこで裁かれた軍人は陸軍関係者だけなのだと。

日本人にとっては、それによって、少なくとも日本の半分は「悪」ではない、むしろ陸軍軍部に欺された被害者なのだ、という自己弁護が成り立つし、アメリカ側からすれば、単純な戦闘行為の結果だけで(都市空襲や原爆なしで)アメリカが勝利したようなイメージを持たせることができる。お互いの精神安定にとって、「海軍善玉論」は都合がよろしい。

しかし実際には、陸軍は中国も韓国も「侵略」してないし、海軍がちっとも「善玉」でないのは、これまで見てきた通りだ。
詳細は省くが、満洲国を建国して「北進」(対ソ連)の準備をしていた陸軍が、日本政府と中国共産党と日本海軍の策動で、「南進」(対国民政府)させられた、というのが中川説の肝。ズルズルと中国大陸奥地へと引きずられ、気がついたら「侵略」のレッテルを貼られていた、という展開が実情だという。

この説は、しばしば言われる「日本が『アジア』を侵略した」を検証すると、一層、信憑性が増してくるだろう。
2001年公開の日本映画『ムルデカ17805』(東宝)は、インドネシア独立戦争を描いた作品だ。敗戦をインドネシアで迎えた日本軍人の一部が、インドネシアの人々とともにオランダ相手に4年以上戦って、独立を勝ち取るまでの物語だ。

この映画をみれば誰でも気付くのが、日本軍はインドネシア人とは戦ってないという当たり前の事実だ。日本軍が戦ったのはオランダ軍で、物資や石油を奪ったのもオランダ軍から。日本軍は、350年続いたオランダの支配を、わずか7日の戦闘で終わらせた。

アメリカ人の日本軍政学者ジョージ・S・カナヘレは『日本軍政とインドネシア独立』 (1977年 早稲田大学社会科学研究所翻訳選書) の中で、この時日本の果たした役割を四点あげているそうな。

①蘭語・英語の禁止(インドネシア語の普及)
②青年たちの軍事教練
③高官にインドネシア人を登用
④プートラ(民族結集組織)やホーコーカイ(奉公会)のネットワークを組織、その運営を指導

ゆえに(上記引用元の)『なぜアメリカは、対日戦争をしかけたのか』(2012年 祥伝社)でヘンリー・S・ストークス氏は、(日本がアジアの解放のために戦ったわけではないことを前提にしつつ)こう述べている。

 この事実はとりもなおさず、侵略したのが日本ではなかったことを証明している。
 日本がアジアの国々を侵略していた西洋諸国から、アジアの国々を独立させるために、あらゆる努力を惜しまなかったと見るのが、正しい認識であると思える。

そして、日本軍がインドネシアで創設した「PETA」は、後のインドネシア国防軍の母体となった。スハルト大統領、ウマル副大統領、スロノ国防相など多くのリーダーがPETA出身だそうだ。

ちなみに、ジャカルタの中心にあるムルデカ(独立)広場には、高さ37mの独立記念塔が立っていて、碑には独立宣言文と「17805」という日付が刻まれているそうだ。うち、178は8月17日を表すのだが、05は何かと言うと、なんと「皇紀2605年」の05だそうだ。インドネシアはその独立の日に、日本独自の「インペリアルカレンダー」を採用して、深い感謝の意を示してくれたということだ。

また、かつて東京裁判の舞台となった市ヶ谷の防衛省構内には、インドネシア政府から寄贈された、PETA出身のスディルマン将軍の銅像が立っているそうな。


ま、こんな話は例によって「今さら」の話で、例えば昭和30年代にヒットしたテレビドラマ『快傑ハリマオ』なんかは、白人支配の東南アジアでひとり戦う日本人を描いたわけで、昔の日本人には周知の件だった。だが、いつしかそんな日本人の記憶は薄れ行き、ありもしない「アジアの侵略」が不思議なリアリティで語られる風潮になってしまった。

安倍政権の誕生で改憲議論が再び盛り上がってきた昨今だが、「自虐史観」を放置したまま憲法を変えるのは、実はマズイんじゃないかとぼくは思う。自虐史観こそが「平和憲法」の歴史面からの存在根拠で、”ひとたびキレると破壊と殺戮の限りを尽くす日本人の狂気”は「平和憲法」が抑制してきた、というのが左翼側の論理。あくまで、日本人の自己抑制が「平和」に繋がるという自虐的発想が「護憲」であって、外敵からの防衛は「平和憲法」には含まれていない(拉致事件を見よ!)。

そして、自虐史観が現憲法を背景からサポートする時、その表層で現憲法の精神を具現している「戦後民主主義」の問題も片付いていない。モンスターペアレントなんかがその成れの果てだが、自分さえ良ければいいという幼稚な個人主義を、日本社会は克服できていない。もちろん、憲法を変えることで国民の意識が変わって、結果として日本人が「戦後民主主義」を超克できる可能性はあるが、今のところ、それが意識されているようには感じられない。

 今日、日本がアジア諸国から尊敬されなくなったのは、アメリカに追従して、経済利益だけを追求して、先の大戦に敗れるまでいだいていた気高い精神を、失ったからにちがいない。歴史を失った国には、品格がない。
 (『なぜアメリカは、対日戦争をしかけたのか』ヘンリー・S・ストークス)

ぼくも、改憲ではなく自主憲法だ!という意見には賛成なんだが、その際、「自虐史観」と「戦後民主主義」をまとめて葬れる内容じゃないと、意味がないと思う。これらは互いを強固に補完する関係で、切り離して考えれば全てが失敗に終わるだろう。

つづく

『なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか』

パールハーバー

前回引用した『なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか』の共著者、ヘンリー・S・ストークス氏には、ネーサン・クラークという従兄がいたそうだ。1941年半ば、英国軍人だったネーサン大尉は、ビルマのラングーン飛行場で驚くべきものを目撃した。それは多数のアメリカ軍戦闘機と爆撃機が、翼を連ねている様子だった。真珠湾攻撃の、半年前のことだった・・・。

今ではすっかり知られるようになったことだが、当時のアメリカは(テレビヒーローが良く言う)「本当は戦いたくない」のに、日本が侵略をやめないから立ち上がった正義のヒーローではない。同書によれば、フランクリン・ルーズベルト大統領が、日本に敵対する政策を最初に打ち出したのは、真珠湾攻撃の5年前、1936年(昭和11年)のことだそうだ。中立国のはずのアメリカは、裏で戦闘機とパイロットを「義勇兵」として蒋介石に提供していた。

その後も、ルーズベルトは「中立法」を無視して蒋介石を援助し続けた。
1940年10月には海軍情報部提出の、日本を対米戦争に追い詰めるための提案書を承認。
1941年2月には、早くも敗戦後の日本の処理を研究する機関を国務省内に発足。
日米交渉の裏では「B-355」なる日本本土爆撃計画が承認され、真珠湾攻撃の5ヶ月前に、150機の爆撃機と350機の戦闘機が(中国空軍に偽装されて)来襲する手はずになっていた。

こんな事実を聞いて、例えばこんな説明を信じる人はいないだろう。

昭和16年6月、日本の中国侵攻に反対するアメリカ、イギリス、オランダは、日本への石油輸出禁止などの経済制裁を加えた。日本はその状況を打破するために、12月8日、ついに真珠湾攻撃に踏み切った。
(『男たちの大和/YAMATO』ナレーション)

ぼくらが散々聞かされた開戦理由、ABCD包囲網から南部仏印進駐に進み、ハルノートを拒否して真珠湾攻撃・・・という経済的理由は、嘘ではないが真相の全てではないようだ。その裏には、何が何でも日本と戦争したいルーズベルトの姿があった。日米交渉など、とんだ茶番だったわけだ。

だが、それだと我らが(笑)「自虐史観」って、崩壊しないか?
そもそも自虐史観ってのは、「憐れで気の毒な弱者」中国を「悪の侵略者」日本が襲ったので、「正義のヒーロー」アメリカ合衆国が颯爽と現れて叩きのめし、素晴らしい日本に生まれ変わらせてくれた、ありがとうアメリカ様!というストーリーだったはず。でも、ルーズベルトが日本に向けつづけた憎悪を知って、彼がウルトラマン仮面ライダーのようなヒーローだったと思える日本人はいないだろう。アメリカもまた、「侵略者」だったんじゃないか。しかも日本とは比較にならない、狡猾で残忍な・・・。

同書によると、当時のアメリカは「中国がアメリカの勢力圏のなかにある」と見なしていたそうだ。中国は、アメリカから多くの宣教師を受け入れていたし、市場の巨大さも魅力だった。ルーズベルトは切手の蒐集を趣味としたが、清朝末期や古い香港の切手が自慢だった。それに対して日本は「アメリカに媚びることなく、伝統文化を頑固に守り、キリスト教文化に同化しない異質な国だった」。

2001年に公開されたアメリカ映画『パール・ハーバー』には、御前会議と思わしき作戦会議の様子が、ぼくら日本人の理解を超えた表現で描かれている。

劇中において、東條英機、山本五十六ら軍部の重鎮達による真珠湾攻撃の是非を問う作戦会議が野原に置かれた卓で行われている。しかも子供がその近くで遊んでいたり、「軍機密」と大書きした看板が掲げられている。現実には家屋の用意できない最前線でもなければ屋外で会議が行われることなどあり得ず、真珠湾攻撃のような重要な決定は最終的に屋内の御前会議の場で密室で承認された。また、近くに設置された鳥居には旭日旗が上からぶら下げられているが、日本では過去も現在も国旗をそのように掲げる習慣はない。(Wikipediaーパール・ハーバーより引用)


この映画の監督はマイケル・ベイ。
『ザ・ロック』『アルマゲドン』『アイランド』『トランスフォーマー』など、それなりに面白い作品を作れる人なんだが、日本への無知・無関心はハンパでない。向こうにも『Tora! Tora! Tora!』(1970年)なんて映画もあるのに、おそらく何一つ調べる気さえなかったのだろう。
まさに加瀬先生の言う「アメリカに媚びることなく、伝統文化を頑固に守り、キリスト教文化に同化しない異質な国」、そのまんまのイメージで描かれたのが、『パール・ハーバー』での日本ということだろう。


本書の類書に「開戦は30余年前から想定されていた!」と帯にある『日米衝突の根源 1858ー1908』(渡辺惣樹 草思社 2011年)がある。
ペリー来航からポーツマス条約あたりの「アメリカ史」がメインなんだが、その半世紀にアメリカで起こったことにこそ、日米衝突を不可避にする要因があった、という主張だ。
それを具体的に言えば「国内産業保護を基軸とするアメリカン・システムの綻び、イギリスを筆頭としたヨーロッパ諸国との領土紛争、国内の人種問題。南北戦争、米西戦争、移民排斥、ハワイ併合、フィリピン領有」など。

だがぼくが一番面白かったのは、まさにアメリカが初めて日本を知った、その時のことだ。
それをアメリカにもたらしたのは、ペリーに同行していた紀行作家、ベイヤード・テイラー。香港、南京、上海などに滞在したテイラーは「支那の街ほど嫌悪感を感じさせるところはない」と吐き捨て、不潔極まりない街と怠惰な人間をさんざんに罵倒する。

ところが日本に来るなり、テイラーは一変する。

「船上に上がってきた日本人は、蒸気機関の動きを熱心に見ていた。そこには畏れの表情は微塵もなかった。(中略)質問を続ける彼らの見せた落ち着いた上品な振る舞い。洗練された人々だけが見せることのできる態度だった」

「役人たちの顔はオリーブ色で、頬も唇も血色が良かった。目は大きく、支那人のように斜めにずれていなかった。額は広く表情は豊かで、彼らの心が生き生きとしていることの証しだった」

「ペリー艦隊の士官たちは一様に、こうした日本人が完璧な紳士であることを認めていた」

帰国したテイラーは講演に引っ張りだこで、1858年から67年の9年間に全米で600回の講演をこなしている。話題の中心はもちろん、「極東の謎の国」日本だ。

「テイラーは日本に着くまでは、日本人は支那人と同じで軽蔑の対象になると考えていた。しかし日本人は彼が驚くほど支那人と違っていることを発見する」

「1854年のマサチューセッツ州ケンブリッジ市での講演は支那人と日本人の比較で始まった。そしてそれは後者が前者よりも、能力や将来性においてそうとうに優れている、という主張で締めくくられた」

以上は、当時のアメリカ人が、支那人より日本人を褒めてるからと喜んで引用しているわけではない。
それとは逆に、ここで褒められていることにこそ、後に同等のライバルと見なされ、完全に叩きつぶされる遠因があったんじゃないか、ということだ。支那人はWASPを頂点とするヒエラルキーの最下層を構成できるが、日本人は日本人であるからこそ、そこから逸脱するだろう。そんな予感は的中し、日本は自力で「名誉白人」の座を掴み、国際連盟の五大国に成長した。白人社会にとって、いよいよ恐怖の対象となった。
ならばもはや、文明の存亡を賭けた激突しかない!

・・・みたいな。


【追記】
日米衝突の根源』の「おわりに」には、「コロンビア要塞跡」という砲台の写真が掲載されている。撮影場所は、ワシントン州とオレゴン州を分けるコロンビア川の北岸。
1904年に築造されたこの砲台群の砲口は、なんと太平洋に向けられているそうだ。日本がまだロシアと戦っていた頃、すでにその準備は進められていたというわけだ。

つづく

NHK「負けて、勝つ〜戦後を創った男・吉田茂〜」

maketekatsu

2012年秋にNHKが放送した歴史ドラマに、『負けて、勝つ 〜戦後を創った男・吉田茂〜』というのがある。その劇中、渡辺謙が演じる吉田茂外相は、閣議で帝国憲法改正の必要があるかどうかを問われ、こう答える。

必要ないでしょう。婦人参政権、学校教育、労働組合、いずれにしても、各法令の改正で十分にまかなえます。憲法の改正は必要ありません

また、象徴天皇以外に陛下を守る方法なし、としてGHQ案を飲んだことを息子の健一に「素晴らしい決断」と褒められると、こう言い返す。

吉田茂は国を売った。20年後、30年後、そう言われるだろう。世界中のどこに、他国に憲法を作らせた国がある? 体半分、千切られたようなもんだ

最近ではその反日的な報道姿勢が指摘されることが増え、番組によっては著しい偏向が認められるとして裁判沙汰にさえなるNHK(NHK「JAPANデビュー」 一万人集団訴訟)。
そんなNHKをもってしても、あのGHQ案(現行憲法)の受け入れは「必要ない」ものであって、「国を売」る行為だと描かざるをえないのが、歴史の真実なんだろう。

NHKが同時代を扱ったドラマには『ドラマスペシャル・白洲次郎』(2009年)があるが、吉田茂の懐刀として憲法改正に関わった白洲次郎は、日本側メンバーから「一国の憲法がこんな風にして作られていいのだろうか」と問われ、「いいわけないだろ・・・」とつぶやく。
今に見ていろという気持ち、押さえきれず。秘かに涙す・・・(白洲次郎の独白)」

ここでも現行憲法が、愛国者・白洲の悔し涙を踏みつけて成立した様子が描かれている・・・。


というわけで、話題は憲法に進む。

ところで、このカテゴリが途中から歴史の勉強シリーズ(笑)になった訳は既に書いた通りで、旧友の一人が最近まで本気で「南京大虐殺」の実在を信じていたという衝撃によるものだ。といっても、その旧友をバカに出来ないのも現実で、世の中のパパたちは日々の仕事に忙しくて、あまり本など読んでるヒマがない。日常生活で「南京大虐殺」が話題になる職場(笑)なんて皆無だろうから、わざわざネットで調べたりもしない。そんなこんなで、少年時代に聞いた話がそのままフリーズされているのが一般的なおっさんの脳内だろう。

が、それじゃ今を生きる日本人としてマズイ気もするので、忙しいその旧友でも読める程度の文量を引用して、最近の歴史観みたいなのをまとめているのが現在の作業。実際ぼく自身も、新しい本を読めば新しい知識が注入されるという日々だ。

例えば、”大日本帝国が侵略国家に認定されて世界から孤立していく契機となった”、みたいに学校で教えられた「リットン報告書」について、憲政史家の倉山満さんはこう書いている。

 実は、植民地経営の経験が長いリットンは絶妙な解決策を用意していました。「日本には実を取らせ、中国には花を持たせよう」ということです。満洲国を否認して形式上は中華民国の領土と認めたうえで、日本の満洲における権益を容認しようとしたのです。(中略)ところが『朝日新聞』を筆頭とする日本のマスコミはこの報告書を反日文書だと糾弾しました。煽られた世論はリットンを蛇蝎のごとく憎悪し、ポピュリズムに流された政府は国際世論への説得ではなく、リットンと国際連盟への敵視を始めます。(『嘘だらけの日中近現代史』扶桑社新書・2013年)



こんなのもある。

 満州国とモンゴル人民共和国の国境紛争だった、1939年のノモンハン事件は、ソ連軍機械化部隊に、満州国軍と関東軍がまったく歯が立たずに敗退したと信じられていました。(中略)しかし、1991年にソ連が崩壊すると、ソ連・モンゴル軍の死傷者数も、戦病死を除いて一万九千余人だったことが判明しました。(中略)ノモンハン事件は、日本とソ連、両者の敗北とするのが正しいと思います。(『真実の満洲史宮脇淳子 ビジネス社・2013年)


おそらくぼくらの世代なら、いずれも「へ〜」という話だと思う。特に後者は”ソ連崩壊後”に明らかになった事実なわけで、ぼくらの年代が学校で学ぶことは不可能なことだった。
そして同じように、少年時代のぼくらに知る由もなかった事実に、「ヴェノナ文書」がある。

1995年7月から公開が始まった「ヴェノナ文書」で明らかにされたことのうち、わが国にとって看過できない最重要事項が、ハリー・デクスター・ホワイトの正体、だろう。ホワイトこそがあの「ハルノート」の考案者なわけだが、文書によれば、実は彼はコミンテルンのスパイだったそうな。ならば、誰が日本に対米戦争をさせたかったのかは、おのずと透けて見えてくるというものだろう。

といった感じで、戦後ずっと封印されていた事実の数々は、90年代以降の米公文書の公開によって、少しずつその姿を現してきつつある。今やGHQ史観は当のアメリカ自身の手によって否定されつつあることになるが、最近ではそのGHQそのものの正体さえ明らかにされて来ているようだ。

GHQ内部にアメリカ人共産主義者が多数混じっていたことは、今では歴史の常識と言っても差し支えないレベルの話だと思うが、実はそのGHQにはその前身とも言える「OSS」という組織があり、そこでは開戦直後から戦後日本の支配について検討した「日本計画」なる文書が存在するそうな。
詳しいことは「戦後日本を狂わせたOSS『日本計画』 ー 二段階革命理論と憲法」(田中英道 展転社・2011年)を読んでいただきたいが、大ざっぱに言うと、そこではすでにGHQ案の「日本国憲法」の元となる議論までされていたという。

私は、日本国憲法が作成された経緯について論じ、われわれ日本人はGHQばかりに目が奪われがちだが、それ以前に組織されたOSSの方針で方向づけられた点を見失うべきではないと指摘してきた。戦後レジームの基礎となった日本国憲法は社会主義憲法の第一段階として位置づけられて制定されたものであることが鮮明に見えてきたからだった。



さて、憲法の話題だ!と言いつつ、またも歴史の話をしているのは結局のところ、自虐史観(東京裁判史観)からの脱却なしに、自主憲法の制定など不可能だという思いがあるからだ。「平和憲法」と「自虐史観」と「戦後民主主義」は三位一体をなして戦後日本を支配してきたわけで、一つだけ変えるなんてのは有り得ない話だとぼくは思う。

だが、制度的に変更が難しい「平和憲法」や、教育現場に根深く浸透している「戦後民主主義」に比べて、「自虐史観」は割りと弱そうな敵に思えなくもない。要は、事実、事実、事実の積み上げだ。それで大日本帝国が野蛮な侵略国家じゃないことが心底納得できれば、やがて現行憲法の前文などはブラックジョークにしか思えなくなるだろう。
そうやって、少なくとも有権者の半分以上が自虐史観を脱していない限り、国民投票どころの話ではない。

憲法の話はつづく


【追記】
田中先生の本によると、OSSは戦争末期になってサイパンに「新国民放送局」を設置、そこからブラックプロパガンダを展開したそうだ。そこではいわゆる「従軍慰安婦」の話題も出てくるのだが、その女性は「特殊看護婦募集 朝鮮人のみ」という張り紙を見て応募してきたのだと言う。つまり、ここでOSSが創作した「日本軍の横暴」とは、売春婦を「看護婦」と偽って募集したことであって、「強制」などではなかったというわけだ。
なお、例によって、この反日プログラムには「南京大虐殺」の話題は一度も出てこないそうだ。

『誰が殺した?日本国憲法!』

book,book

今回も憲法の話題ということで、引き続き田中英道先生の本からOSSについてアレコレ引用してみようかと思ったが、専門家を目指すわけでもないオッサンには話が煩雑に過ぎる気がしてきた。そこで、別の本からになるが、現行憲法と左翼思想の関わりについて、端的に書いてある文章を引用することにする(ごく常識的な内容だが、念のため)。

日本国憲法制定の主役のケージスやホイットニーとは何者でしょうか。その正体は「ニューディーラー」と呼ばれる社会主義者です。(中略)彼らは本国では絶対にできない徹底的な改革を占領地日本で行ったのです。敗戦日本は社会主義の実験場にされたのでした。日本国憲法もその一環だったのでした。(『誰が殺した?日本国憲法!』(倉山満 講談社・2011年)


ところでこんな風にざっと読むと、ケージスやホイットニーがまるでレーニンやらスターリンやらのような思想を持っていたかに思う向きもあるかも知れないが、それは違うらしい。田中英道先生の本によれば、彼らの思想のベースにあるのは「フランクフルト学派」と呼ばれる集団の思想で、特にその内の「批判理論」とやらが重要だとか。

 社会からの疎外を否定するといえば、文化の主な要素を完全否定する批評と言うことになる。その批判対象は《キリスト教、資本主義、権威、家族、家父長制、階級制、道徳、性的節度、忠誠心、愛国心、国家主義、相続、自民族中心主義、因習、保守主義、何から何まで》という。これをやさしく言えば、「批判理論」は、社会のすべての現象を批判することになる。よく考えると、キリスト教を除き、日本人が戦後批判してきたすべてがここに含まれる。つまり、この理論こそが、戦後のアメリカと日本が共有するひとつの思想であったことになる。(『戦後日本を狂わせたOSS『日本計画』 ー 二段階革命理論と憲法』(田中英道 展転社・2011年)


引用が先走ったが、この思想の元祖みたいなルカーチという人は、ロシア以外で労働者革命が成功しなかった原因を「人民の伝統文化の存在」のせいだと考えたそうな。そこで彼らは、ふつうの中産階級が革命を起こす方向に切り替え、その変革を狙った。要は、昔からあるものは全部ダメと言い続けることで社会基盤そのものを揺るがし、やがては正解としての共産主義に導く・・・って感じだろうか。

で、中産階級を「洗脳」するんだから、当然のこととして主戦場はマスメディア(宣伝)ということになる。マスコミが何となく反体制で、「反戦運動、差別撤回、フェミニズム、ジェンダー」などに共感的なのは、みな無意識のうちに「批判理論」に洗脳されているから、というのが田中先生の説だ。
んで、日本で一番その学派の影響を受けたのは、「全共闘世代とか団塊の世代といわれる人々である」とか。

 長髪で髭を生やし、ギターを奏でるヒッピー世代の反戦運動が生じたのもこの頃である。学校では《試験やテストは暴力の一種、体育の強制も苦手の者や不安な者にとっては暴力と同じ。生徒は許可もなく廊下にでてはいけないという規則も暴力なら、無理やり授業を聞かされるのも、自習室での勉強を強制されるのも暴力》ということになる。放任、登校拒否も自由ということになり、学級崩壊も当然のこととなる。そのために「ゆとり」教育も生まれる。(同上)


まぁくどくど書かなくても理解されると思うが、戦後日本に蔓延する個人主義や自由主義というものは、実は「フランクフルト学派」と言われる人々の「批判理論」から生まれた左翼思想に過ぎず、決して日本人自ら発明したものじゃないってことだ。それはあくまで、中産階級向けに姿を変えたマルクス主義でしかない・・・。

ならば源流を同じくする「日本国憲法」も、実は根底にマルクス主義があるんじゃないか?
田中先生は、9条、12条、14条、15条、18条、20条、24条、25条、26条などに、唯物史観や階級闘争史観の影響があると書かれているが、興味がある人は本を買って読んで下さい。


さて「批判理論」がベースにあると思われる日本国憲法に、日本の戦前と戦後を分断する作用があるのは明らかなことだが、実は別の側面から同じ仕事を果たした人がいるそうだ。
それは、東大法学部の宮沢俊義教授。

 宮沢教授が日本国憲法の正当化にひねりだした理屈が、「昭和20年8月15日に革命が起きていた」という詭弁です。(中略)宮沢学説によれば「革命とは主権の変更であり、戦前の天皇主権は、新憲法で国民主権になった。だからこれは革命である。この革命は、昭和20年8月15日のポツダム宣言受諾で発生していた」とのことです。宮沢教授は、これを「八月革命説」と名づけました。(『誰が殺した?日本国憲法!』倉山満 講談社・2011年)



宮沢教授は東大法学部のドンなんだから、学者はむろんのこと、政治家だって官僚だって、エリート中のエリートほどその影響を受けることになる。で、そんな宮沢憲法学のコアは「人権」だそうだ。

 東大憲法学では、「憲法の目的は人権です。国家も政府も統治も、すべてその手段です! 国家や政府の権力は制限されることが目的です!」と、最初に徹底的に叩きこみます。ここで「人権尊重は国家統治の手段では?」などと疑問を持ったら最後、袋小路に迷い込みます。確かに普通の国の憲法では、人権尊重は国家を安定的に統治する手段であり、目的ではありません。しかし日本国憲法学はそうしません。人権こそ絶対の目的です。(同上)


ま、詳しいことは倉山さんの本を読んでもらうとして、引用した二点が、それぞれ「自虐史観」と「戦後民主主義」と一致することは容易に理解されることだと思う。「批判理論」がマスメディアからの日本人洗脳だとすれば、こちらはアカデミズム、さらには教育の現場での洗脳。
まさに手を変え品を変えで、とても逃げおおせるもんじゃない。

まとめていえば、日本国憲法の根底には、日本の歴史を分断し、国家の上に個人を置く、左翼思想が存在している。だから戦後の日本人が何となく「サヨク」であるのは当然だし、また、だからこそ自主憲法制定の必要がある。

 しかし、憲法とはその国の歴史・文化・伝統そのものです。その中で、あえて文字にした部分が憲法典です。歴史・文化・伝統に反する憲法典を制定すればおかしなことになります。これを難しい専門用語で言えば「憲法違反の憲法典」となります。日本国憲法は、日本の歴史・文化・伝統に反する憲法典だという疑いを解消しない限り、「これで良いのだ」とは言えないのです。(同上)


憲法の話題はさらにつづく

『9条どうでしょう』その2

alex

憲法の話題のシメとして、いわゆる「護憲派」の人々の考え方というものに触れておきたい。
題材は、以前にも取り上げた『9条どうでしょう』(毎日新聞社 2006年)。ちょっと古い本になるが、内田樹小田嶋隆平川克美町山智浩という4名による共著なので、一度に複数の意見が分かるメリットあり。それに、この手の本を何冊も読むのは苦痛なので・・・(笑)。

さて、いちいち細かい「は?」や「え?」を挙げていったらキリがないので、執筆者のみなさんに共通する点に絞っていきたい。まず第一に共通するのが「日米安保」の無視、あるいは軽視だ。

 戦後六十年の長きにわたって、日本が一度も戦争や紛争に巻き込まれなかったのは、紛れもなく憲法の第九条を遵守するという「手かせ足かせ」の功績である。(平川克美)


それと第二に、「拉致問題」の無視

 つまり、九条は日本の国防政策の基本方針として十分に現実的かつ有効だ。九条のもとで、十分に国は守れる。
 理由は、戦後からこっち、われら日本国民が、六十余年の間、ひとたびの戦争も経験せず、具体的な侵略の脅威にさらされることもなく、平和のうちに暮らしてきたという実績を挙げればこと足りる。(小田嶋隆)


そして第三に、根底に流れる「自虐史観」だ。
町山さんは、キューブリック監督作品『時計じかけのオレンジ』の主人公、アレックスに日本を喩えたうえで、

 日本をアレックスのような怪物と一緒にするな、と思う人もいるだろうが、怪物になる可能性をゼロに近づけるために、九条の扱いには慎重であるべしと考える。(町山智浩)


つまり、戦前の日本は暴力とレイプに明け暮れた怪物のアレックスで、現在は心理療法後の大人しいアレックス。せっかく大人しくさせたんだから、このままでいいだろ、ってことらしい。
さらにはこんな意見も。

しかし、今のように中国や韓国への反感いっぱいのくせに、集団自衛という題目だけで改憲しても、八紘一宇の理想を掲げながら他民族弾圧を行った戦前の二の舞ではないか。(中略)九条は侵略戦争の罰として戦勝国から日本に科せられた刑であり、謝罪の証でもある。(町山智浩)


「罰」だ「刑」だといいながら、それを保持せよ、って感覚がまず第一に理解できないし、いったい日本がどの「民族」をいつ「弾圧」したのか、それは現在の中華人民共和国の間違いでは?と言いたくなるが、細かい話はやめておこう。
そして最高に強烈なのがこれ。

 そもそもの話、現行の憲法は、(中略)世界の平和に対するリスクそのものを将来に向けて無化してゆくために書かれたのである。もっと言えば、リスクとは日本そのものの存在であったということである。(平川克美)


・・・ま、ぼくの見るところ、以上の三点(日米安保の無視、拉致事件の無視、自虐史観)が、この本の論者に共通する考え方のようだ。ただここで面白いのが、「護憲」と言いつつも、現行憲法が手続き的にも内容的にも「普通ではない」ことは、実は論者のみなさんが十分に周知していることだ。だから、他国の「普通の」憲法に言及すると、ふいにおかしな話になる。

例えば町山さんは、ドイツ憲法やアメリカ憲法、フランス憲法などの基本理念は「それまで宗主国や王のものであった国が国民のものとなった時に国と国民の間で交わされた契約」だと言うが、だったらGHQという宗主国が去った後は、日本国と日本国民の間に新しい契約を交わす必要があったんじゃないだろうか。
また、アメリカ憲法は、アメリカの歴史を踏まえているので「革命を起こす権利」まで認めているとリスペクトするのはいいが、外人の作ったGHQ憲法に日本の歴史が踏まえられてるはずはない。
さらには、アメリカ人の愛国心は「正直うらやまし」くて、それを支えているのがアメリカ憲法だと言うのなら、愛国心を捨てろと言わんばかりの日本国憲法を護る必要がどこにあるんだろうと不思議になる。
要は、ダブルスタンダードなんじゃないか?と言いたくなるわけですよ!


・・・あ、いや、細かい話は避けたいんだが、あと一点だけ気になったのが、平川さんの「憲法研究会」についての言及。平川さんは、GHQ憲法に一番影響を与えたのは、在野の学者を中心とした憲法研究会の「憲法草案要綱」だったという史実を挙げて、

 これら、在野の学者、文化人を中心とした憲法草案を読むと、彼らが新生日本というものに期待し、その礎としての憲法にいかにして普遍的な価値観を埋め込もうと努力していたのかが分かる。


と書くが、その中心人物の高野岩三郎鈴木安蔵って、バリバリの左翼学者じゃないか。
高野らの左翼思想が、GHQ内のニューディーラー(社会主義者)の共鳴を呼んで、日本国憲法のベースとなった可能性はないのか?

その後高野は象徴ながらも天皇制を残したこの案を不十分であると批判。その批判を「囚われたる民衆」などの言葉でまとめた上で、天皇制廃止・大統領制・土地国有化などを柱とした日本共和国憲法私案要綱を発表。社会党顧問やNHK会長などを歴任した。(wikipedia - 高野岩三郎)




ということで、いわゆる「護憲派」の人々の考え方について、『9条どうでしょう』からアレコレ引用してみた。
ただ、ぼく自身は自主憲法制定派なので、当然批判的に構えざるを得ないが、それでもこの本が出たのが2006年だということは配慮すべきだろうと思う。つまり、まだ北朝鮮は核保有国に認定されておらず、日本がミサイルを撃たれても何もしないアメリカに失望させられてもおらず、中国の尖閣諸島へのちょっかいも始まっていない、そんな時期に書かれた本だということだ。

もしかしたら論者のなかには、今では国民国土防衛のための改憲やむなしに転向した人もいるかも知れない。いや、もっと進んで、日本の伝統・文化・歴史を踏まえた自主憲法の制定を唱える人も出ているかも知れない。
何しろ、ぼくらの憲法は「普通ではない」。普通は国民の精神がその国の憲法を規定するもんだろうが、戦後日本だけは国民精神を憲法によって規定されてきた。憲法によって、国家観も歴史観も形作られた。
まず憲法ありきでは、何もかもが逆さまだ。そんな倒錯状態、いつまでも続けていいもんじゃないだろう。

最後に、この本の呼びかけ人である内田樹先生の「護憲」の理由を簡単に。
九条を廃して国軍を持ったとしても、それが米軍の支配下の一部署であることは変わらない。自主防衛が夢のまた夢であった現実に直面するのは改憲派には辛いだろうから、このまま夢を見ていた方がいいんじゃね? って感じか。

でも改憲派って、本当にそんなにロマンチストなのか?

つづく


【余談】本のなかで小田嶋さんは、憲法が規定する日本国の姿は「なんだかジョン・レノンが歌っていた『イマジン』の国みたいで、とても魅力的だと思う」と書いている。ぼくもジョン・レノンの音楽は好きだが、「イマジン」の歌詞は、国家も宗教も所有も否定しているわけで、確かにまるで共産主義のようだ。そこに日本国憲法との相似を見る小田嶋さんの感覚は、逆に鋭い(笑)と思う。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。