プロフィール

竹波エーイチ

Author:竹波エーイチ
1967年生まれのおっさん。
一つの 「カテゴリ」 で一つの記事となってます(記事は古い順に並んでます)。同世代のおっさん向け。

カテゴリ
もくじ

全ての記事タイトルを表示する

ブログ内検索
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

主要記事
リンク
応援中
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
趣味 - シュミラン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャイアントロボ ギロチン帝王とユニコーン

ギロチン帝王

ジャイアントロボ』(1967年・東映)の悪役は、ギロチン帝王を名乗る宇宙人だ。ギロチン帝王は地球征服を宣言しながら突然飛来すると、怪獣を使って船舶などを破壊しつつ、侵略用ロボットの建造を急がせた。それが原子力エネルギーで動くジャイアントロボ。設計者はドクターガルチュアという地球人だ。

ギロチン帝王に対抗するのは、「国連秘密警察機構ユニコーン」という組織。その日本支部の南十郎隊員は、ギロチン帝王の本拠を突き止めるべく一般の客船に乗っていたが、そこをギロチン帝王が繰り出してきた怪獣に襲われて、遭難してしまう。船上で知り合った小学生、草間大作とともに南隊員が流れ着いた島は、偶然にもジャイアントロボ製造の秘密基地だった。

基地に潜入したふたりはギロチン配下のビッグファイア団(BF団)に捕まるが、機を見て脱出を図る。逃げる彼らの行き先にはジャイアントロボの勇姿があった。
ふたりに気がついたドクターガルチュアは彼らを自室に招き入れると、ジャイアントロボの操縦機である腕時計を手渡す。それは
「一番はじめに電子マイクから電子頭脳に録音された人間の命令どおりに動く」
というものだった。おそらくドクターガルチュアは長身で屈強なユニコーン南隊員に渡したつもりだったのだろうが、運悪く、はじめに腕時計に呼びかけたのは草間大作少年のほうだった。

こうなってはもはや取り返しのつくものではない。草間大作少年はユニコーンのパートタイマー隊員となり、ギロチン帝王が繰り出す敵をジャイアントロボを使って撃退する任務に就いたのだった・・・。


以上が『ジャイアントロボ』の大ざっぱな事の始まりだ。

ここでは『鉄人28号』のふたつの問題点、すなわちロボットが誰にでも操縦できてしまう点と、日本の警察と少年探偵が”世界統一”を目論む巨大組織を相手に単独で戦う点、これらの問題が解消されていることが分かる。ジャイアントロボは草間大作にしか操縦できず、ギロチン帝王と戦うのは「国連」になった。こども向けの勧善懲悪ヒーロー番組としては、特に矛盾も無理も見受けられないと思う。

さて、こうしてギロチン帝王の侵略から世界の平和を守る大作少年(とジャイアントロボ)の物語はスタートした。毎回、独自の工夫を凝らした怪獣やロボットが現れては破壊活動を行い、それをジャイアントロボが必殺の武器でもって倒していく。ごくごくありふれたストーリーだ。『マジンガーZ』に始まるのちの70年代ロボットアニメの基本はここにある。

だが、この『ジャイアントロボ』をよくよく見ていくと、実はひとつ、『マジンガーZ』等とは異なる独特の展開が存在していることがわかる。それは『ジャイアントロボ』は、やけに国際的だ、という点だ。
具体的にはこうだ。


まず第3話。ギロチンは宇宙から手下の大幹部・ドクトルオーバーを呼んで日本に潜入させた。この情報をいち早くキャッチして日本支部に報せてきたのは「カナダ」支部だった。

第4話。ギロチンの攻撃によって「アラビア」支部が壊滅させられた。

第6話。ギロチンの工作でソルジア国とフレンコク共和国が仲違いし、一触即発の状態におちいる。ユニコーンは急遽、洋上の秘密会議所で対策会議を開くが、この会議に遅刻してやってきたのは「カナダ」支部長だった。

第7話。「スイス」支部から暗号解読器が狙われているという緊急連絡が入る。

第10話。「南極」支部がギロチンの襲撃を受けて全滅する。

第14話。「中国」第三支部が襲われる。

第16話。ユニコーン全滅作戦が開始される。「スイス」支部、「ローマ」支部、「カイロ」支部、「ボンベイ」支部、「シンガポール」支部、「香港」支部、「台湾」支部が全滅。

第18話。ギロチンが送り込んだスパイX7によって「ハワイ」支部、「マニラ」支部が爆破され、「香港」支部長が暗殺される。


『ジャイアントロボ』のこうしたワールドワイドの展開は、ひとつには『マジンガーZ』等に見られる、”世界の平和”を語りながらその実は日本しか守らないという「お約束」がまだ確立されていなかったせいもあるだろう。
仮にも「国連」を出してしまった以上、具体的に「世界」を描く必要があると、東映スタッフの人々が生真面目に考えた結果なのかもしれない。ギロチン帝王にとってはユニコーンだけが目障りな存在だったのだから、その支部を叩いていくことにはリアリティもある。

ところが、(例によって)まったく登場してこない国がある。
第3話、宇宙から飛来してきたドクトル・オーバーの動向をいち早く察知できたのは何故「カナダ」だったのか? 「カナダ」にそんな世界最高の宇宙科学と情報収集能力があるなんて、ぼくは聞いたことがない。

そしてギロチンにとって最も目障りなはずの、ユニコーン本部は世界のどこに存在するというのか?

つづく


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。