FC2ブログ
プロフィール

竹波エーイチ

Author:竹波エーイチ
1967年生まれのおっさん。
一つの 「カテゴリ」 で一つの記事となってます(記事は古い順に並んでます)。同世代のおっさん向け。

カテゴリ
もくじ

全ての記事タイトルを表示する

ブログ内検索
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

主要記事
リンク
応援中
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書

徹底検証「森友・加計事件」

小川榮太郞さんの『徹底検証「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』(飛鳥新社)を読んだ。

帯に「"スクープ"はこうしてねつ造された 本当は何が問題だったのか?ー明かされる真相」とあるように、「もり・かけ騒動」の時系列を丁寧に追いながら、朝日新聞が日本国政府に対して仕掛けた「謀略戦」について詳述してある。
朝日新聞の狡猾な世論誘導(洗脳?)の手口が、丸見えになる。

「はじめに」の中程にはこう書いてある。

 半年に及ぶ「安倍叩き」の間、安倍による不正、権力濫用の物証はただの一つも発見されなかった。
「もり・かけ疑惑」は国を巻き込んでの「冤罪事件」だったのである。
 しかもマスコミによる安倍追求がいつの間にか度を越して、おのずから踏み外しがあったという自然発生的な熱狂ではない。
 加害側には冤罪事件を計画、実行した「主犯」が存在するのである。
 いずれの案件も、朝日新聞である。


そう言われて、「その通りだ!」と思う人はこの本を買って周りに薦めるべきだし、「そんな馬鹿な!」という人は買って内容を確認すべきだろう。

本の「おわりに」に、「マスコミから国民の知る権利を奪還すべく」活動している会が紹介されているので、ここにもリンクを貼っておこう。
(社)日本平和学研究所
(社)国民の知る権利を守る自由報道協会
放送法遵守を求める視聴者の会

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。