プロフィール

竹波エーイチ

Author:竹波エーイチ
1967年生まれのおっさん。
一つの 「カテゴリ」 で一つの記事となってます(記事は古い順に並んでます)。同世代のおっさん向け。

カテゴリ
もくじ

全ての記事タイトルを表示する

ブログ内検索
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

主要記事
リンク
応援中
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
趣味 - シュミラン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特撮ニュータイプ 3月号

特撮ニュータイプ

角川書店から発行されている『特撮ニュータイプ』3月号。
作家・切通理作さんによる田口成光インタビューの第2弾。今回は「シナリオ編」。

ぼくは25年ぶりにオタク趣味を復活させたおっさんなので、ウルトラマン関係の同人誌とかは一切読んだことがないし、インターネットで他の人が書いたウルトラマンの記事を読んだことも、ほとんどない。だから、田口成光についての知識は全くと言っていいほどない。
それでこのインタビューにはかなり期待していたわけだが・・・。

さすがに期待通りの内容だった。
第二期ウルトラについて漠然と感じていた、違和感とか疑問の全てが氷解した。なるほど、そういうことだったのか・・・。
詳しく引用したい気持ちに駆られるが、最新刊なので遠慮して、小見出しだけにとどめたい。

・弱さを指摘されるMAT
・揺れ動く子どもの心
・本当は人間が怖い!?
・ウルトラ兄弟の誕生
・ウルトラマンは解決しない
・ウルトラマンとの訣別

わずか3ページの記事だが、250ページ近くある『僕らのウルトラマンA』(辰巳出版)の1000倍ほど役に立った。

もちろん不満もあって、それは切通理作さんが、どういう質問を田口成光にしたのかが書かれていない点だ。当たり前のことだが、インタビューの面白さは、質問者がどうやって対象から得たい答えを引き出したかのやりとりにある。おそらくこのインタビューも、凡庸な人が質問者であれば凡庸な記事になったはず。田口成光も、知らず知らずに切通理作さんが言わせたかったことを言わされただけなのだろう。

いずれ全文が掲載された本になるんだろうが、非常に楽しみだ。


<知人への業務連絡>
本業がパニック状態なので、しばらくブログは休む。
痔が悪化して入院したわけじゃないので、心配なく。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。