プロフィール

竹波エーイチ

Author:竹波エーイチ
1967年生まれのおっさん。
一つの 「カテゴリ」 で一つの記事となってます(記事は古い順に並んでます)。同世代のおっさん向け。

カテゴリ
もくじ

全ての記事タイトルを表示する

月別アーカイブ
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

主要記事
リンク
応援中
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

フリーエリア
趣味 - シュミラン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快傑ズバット 〜長坂秀佳

あすかー!!

快傑ズバット』(1977年・東映)のあらすじは至ってシンプルだ。親友を殺された主人公・早川健が犯人に復讐するために旅を続ける。それだけだ。旅の中で早川は行く先々の悪党を倒して回ることになるので、結果的に『快傑ズバット』は、いわゆる「正義のヒーロー」のフォーマットに準じているように見える。
が、これはそう見えるだけで、実態は180度と言っていいくらいに異なる。

まず主人公の早川健は、「何をやっても日本一」というバカバカしくも痛快な看板を掲げている以外は、ただの人間だ。そのただの人間が、自分で作った強化服「ズバットスーツ」を着込み、自分で作った改造車「ズバッカー」に乗って、悪党どもと戦う。それもただ、悪党に殺された親友の今際の際の言葉「一緒に戦おう」という約束を守るためだけに、だ。

悪党どもも人間だ。こいつらはヤクザだったり暴力団だったり、普通にどこの街にでもいる犯罪集団だ。もちろん、それらの上位組織として「ダッカー」という悪の総本山が存在するが、これも首領が変テコな着ぐるみを着ていることを除けば、現実の社会と何も変わらないだろう。また早川は、自分が戦っている相手が「ダッカー」の支部であることを、途中までは知らない。

要は『快傑ズバット』とは、いわゆる「正義のヒーロー」フォーマットの枠内で、ぎりぎりのリアリティをキープしている希有な作品だと言えるだろう。『快傑ズバット大全』(双葉社)のなかで脚本家の長坂秀佳が語るには、『ズバット』をもっとも支持していたのは当時の大学生だったそうだ。そうした傾向のせいか、15%もの高視聴率を稼ぎながら玩具が売れず、スポンサー降板で打ち切りという展開は、アニメの名作にはよくある話だが、特撮ヒーローでは珍しいように思う。

さて、そういった『ズバット』にまつわる痛快なエピソードについては「Wikipedia - 快傑ズバット」でも見ていただくとして、ここでぼくが強調したいことは、このようにある程度まともなリアリティを保ったままでも、特撮ヒーロー番組は十分に成立できたという一点だ。現実社会に本当にいる「悪」を、ただ親友との約束を守るために追いかける男がいてもいい。

ズバットを演じた宮内洋はつねづね「特撮ヒーロー番組とは子供達に正義の心を教える教育番組に外ならない」と語ったそうだが、ことこの作品についてはその言は妥当だろう(『V3』『ゴレンジャー』には疑問も残るが)。『ズバット』には一人の人間の「生き様」があり、「父性」として子どもたちが学べるものが多く含まれているとぼくは思う。

では(いいかげんしつこいが)『ズバット』以外の東映ヒーローのどこが問題なのか?

まずそれらは、子どもたちに明らかな「ウソ」をついている。
それらは大抵の場合、「人間の自由」と「世界の平和」を守ることがスローガンになっているが、それを侵すショッカーを始めとした悪の軍団というものは実際には存在しない。だからショッカーを全滅させることによって回復する「人間の自由」と「世界の平和」というのは、ただの「現実の世界」であるに過ぎない。

だが、東映ヒーロー全盛期には、少なくとも「世界の平和」は存在していない。70年代前半には、ベトナム戦争はまだ終わっていない。
ヒーローたちが本当に「人間の自由」と「世界の平和」を目指すなら、彼らはまずベトナムに行くべきだろう。そしてアメリカ人に殺されているベトナム人を助けることが先だ。

さらに、ヒーローたちがみな、人間でないという点も問題だ。
彼らは「改造人間」だったり「人造人間」だったり「超能力者」だったりして、そういった特殊な能力をもつこと自体が戦闘の動機になっていたりする。それを一言で言うなら『超人バロム・1』の「正義のエージェント」になるだろう。要するに、これらの番組世界で「悪」と戦うのは「代理人」ということだ。ぼくらではない。

結論をいえば、これら2つの問題を抱えたヒーロー番組は「現状肯定・現状維持」の強力な推進者であり、平和維持を「他人事」に押しやる作用を持つ。ぶっちゃけて言えば、アメリカ万歳、戦争なんてオラ関係ねえ、ということだ。
なぜなら、彼らヒーローの戦う「悪」には、かつて”アメリカ様に逆らって痛い目にあわされた”「大日本帝国」の姿が見え隠れしているからだ。

そもそも、なにゆえ「世界征服をねらう悪の軍団」などという荒唐無稽な設定が、何の躊躇いもなく繰り返し繰り返し登場してくるのか。ぼくはその理由を、戦後日本社会にそれらと同じ設定をもつ「悪の軍団の物語」が存在したからだと思っている。言うまでもなくそれが、「大日本帝国の物語」だ。

つまりは、先にあらかじめ、戦後日本に蔓延した「東京裁判史観(自虐史観)」のストーリーがあったからこそ、東映ヒーローの「悪の軍団」のストーリーは成立した。「悪」と言えば、なんといっても「世界征服をねらう侵略者」だろう、という暗黙の了解があった。

例えば『仮面ライダー』のショッカーは、あのナチスドイツと深い関わりがあることを作中で示唆された。あるいは『変身忍者嵐』では、悪の軍団「血車党」に心ならずも協力してしまった「父の過ち」を償うために、その息子が血車党と戦った。いずれも「悪の軍団」には「大日本帝国」の影がうかがえると思う。

となれば、70年代東映ヒーロー番組とは、観れば観るほど「自虐史観」を植え付けられ、現在の日本のあり方こそが正しいのだという思考停止を促す作用があることになる。
残念ながらぼくらの世代は、そういった番組をリアルタイムで(まだ柔らかかった)脳みそに注入された世代だった。
すでに白状したとおり、ぼく自身、ほんの6、7年前までは堂々たる自虐史観を持ち、アメリカ様に忠誠を誓う一匹のB層だった。・・・お恥ずかしいことです。

ただ、ぼくが言いたいことが、石ノ森章太郎や平山亨(東映)が、意図的に子どもたちに自虐史観を植え付けようとしてヒーロー番組の量産をしたわけではない、ということは、いまここで『快傑ズバット』を取り上げたことで十分理解していただけると思う。そして、多くの東映ヒーローファンが、『ズバット』こそが70年代ヒーローの最高傑作だと評価していることも追記しておきたい。

それにしても、脚本の長坂秀佳という人はどういう人なんだろう。
ご本人が書かれた自伝『長坂秀佳術』(辰巳出版)も読ませていただいたが、その豪放磊落で愉快な人物像は楽しませてもらったものの、ご自身の思想面への言及は多くはなかった。
ただその人は、『仮面ライダーX』では「悪」を「米ソ」の陰謀による日本の破壊だと設定してメインライターを降ろされ、『人造人間キカイダー』では東映的な「正義のヒーロー」を最後の最後に否定し、ついには人間が人間と戦う当たり前のヒーロー『快傑ズバット』に行き着いた人だということだ。

つづく

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。